転職活動の面接で「臨機応変に変化が出来る」「スピード感では負けない」などのセリフはイエローカード | 大人の転職応援団

転職活動の面接で「臨機応変に変化が出来る」「スピード感では負けない」などのセリフはイエローカード

転職活動の面接で「臨機応変に変化が出来る」「スピード感では負けない」などのセリフはイエローカード面接時の自己アピールで「商品の販売サイクルがとても早く、流動性の高い業界を経験しているので、私は変化に対応でき、スピード感では負けない自信があります。」

という自己PRをする人が、見受けられますが、このたぐいのアピールは、さほど面接官の心に響くものではありません。

何故かと言うと、時代の変化のスピードに、臨機応変に対応していくのは、個人や企業として当たり前になっているからです。

飛ぶ鳥を落とす勢いだった経済成長期の日本においては、技術革新や商品開発の進化とスピードが凄まじく、そのような、「変化・スピード」アピールも効果がありました。

しかし、今でも、巷にあふれる様々な転職指南本の面接テンプレートの中に、「変化・スピードに対応できる人材」アピールをしましょう、などといったアドバイスを見ることが出来ます。 

もはや、このアピール法はお約束のワンパターンPRに当てはまり、採用側になんらポジティブな印象を与えないものとなってしまっています。

まだ、新卒組であれば、若さが持つ躍動性を感じることも出来ますが、転職組が、このお約束のワンパターンPRでは、面接官に強い印象を与えることは出来ません。

この時代、ビジネスの「変化・スピード」に対応していくのは、どの業種でも当たり前にやっている事なので、最初から求められるスキルに入っているのです。

さらに、本来の性格は、物事をじっくり考えてから、慎重に行動するタイプなのに、転職ノウハウ本の情報を素直に取り入れ過ぎて、間違った自己アピールになってしまっている人も見受けられます。

百戦錬磨の面接官からすれば、アクティブで行動的なタイプか、思慮深く慎重なタイプかは、数十分間、話をすれば読み取ることが出来ます。

自身が本来持つ特性とは違う自己アピールをすれば、自分が苦手な事を必死に「出来ます!」と言い切っている様なもので、採用側に不信感を抱かせる原因にもなり、ネガティブな評価を与える可能性があります

スポンサーリンク

会社が求める性質「変化・スピード」より「粘り強さ」

実際の仕事の現場において、会社が求める性質は、「変化・スピード」より「粘り強さ」です。

一生のうち、何回か転職するのが当たり前になっている日本では、忍耐力があり、粘り強いという性質、物事にじっくりと腰を据えて取り掛かる姿勢は、企業からすればポジティブな評価になります。

そのため、時代の流れの変化により、一昔前よりも、同じ会社での長期勤務歴という経歴がプラスに評価される傾向が出てきています。

優良大手企業を1年で退職した人よりも、、中小企業で5~6年間、継続勤務し続けた人の方が採用されやすい状況も見受けられます。

大企業にさえ入ってしまえば、その後の転職も楽勝、と考えている人もいますが、勤続2~3年未満の早期退職者ならば、大企業ブランドもさほど効果をもたらしません。

昨今の企業は、安定性を求めて、新規・中途の求職者を採用する時に、長期的な視点から見て、安定感のある人材かどうかを選別基準に据えるようになってきています。

会社が気に入らなければ即退職しそうな転職希望者は、まず最初にハジカれますので、お約束テンプレートな自己アピールは減点の評価になります。

更に、転職ノウハウ本に書いてあるような広く流布されている、よくある自己アピール法は、ライバル転職者たちもこぞって真似をしてくるので、自己アピールの仕方がコピペのようにモロ被りしてしまいます。

そのような悲惨な状況になって苦笑いするのは、むしろ面接官の方でしょう。減点の対象にされるのは言うまでもありません。

そこで必要なのは、「変化・スピード」に強いといった、よく耳にする自己PRは避ける事、そして、人の個性の特徴を大きく2つに分類し、自分の個性に合ったアピール法を選択する事です。

1つ目の特徴は、思考的な人の特徴で、

慎重・繊細・思慮深い・粘り強い・忍耐強い・正確・冷静・謙虚・気遣い・計画的・規律的・論理的・合理的・道徳的・倫理的・安定的・多面的・バランス力・段取り力・執着力・危機回避能力・長期集中力、などのキーワードを中心に考える方法。

2つ目の特徴は、アクティブな人の特徴で、

行動的・大胆・発想・挑戦・外交的・改善・革新・躍動的・タフさ・情熱・強靭さ・負けん気・リーダーシップ・多趣味・経験主義・人脈・体力・一点突破力・爆発力・達成力・リスクテイカー・短期集中力、といったキーワードを中心に考える方法。

どちらの特徴を中心にアピールするかは、家族やパートナーなどの第三者にアドバイスを貰いましょう。

自己評価と他者評価には、相違があったりします。自分の事は案外良くわかっていないものです。

面接において大事なのは、自分の個性の特徴にない事を、「出来ます!頑張ります!」などと偽ってアピールしない事です。

性格的に、思慮深くシャイで繊細なのに、応募企業がアクティブな人材を求めているから、「活発で外交的なキャラクターとしてアピールを頑張ろう」などと考えると転職の成功率も下がってしまいます。

面接での自己アピールは、企業側が求めるキャラクターに自分を寄せて行くのではなく、本来自分が持つ個性の特徴をアピールすることが大前提です。

付け焼き刃の演技アピールをしても、見透かされて終了してしまいます。

そうならないためにも、面接指導などもしてくれる、プロのアドバイザーに力を借りるのもおすすめです。下に書きましたので、参考になさって下さい。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする