職歴無しの20代や高校中退者でも就職活動が上手くいく方法を伝授します | 大人の転職応援団

職歴無しの20代や高校中退者でも就職活動が上手くいく方法を伝授します

職歴無しの20代や高校中退者でも就職活動が上手くいく方法を伝授します

職歴がない20代の若者は意外と多く存在する。

日経などの大手新聞社などでは、毎年恒例で、4月に入ると新卒者の就職率についての話を始めるが、理由があって高校中退を選択した人、夢を諦めて就職活動を開始した人など、20代で職歴が全くない若者達への助言の言葉がまるで無いことに驚いた。

日本は世界に類をみない新卒優遇大国で、相変わらず高校中退者や、既卒で職歴が無い求職者には異常に厳しい。

中途採用枠でさえも、実務経験3年以上の条件を設けている求人広告が多数を占めており、職務経歴無しの20代の求職者はスタートラインにさえ立たせてもらえないことがある。

20代は、「時間」という資産を持っており、成長の伸びしろも十二分にあるのに、中途採用市場における職歴無しの肩書きは、なぜかハンディキャップとなってしまう。

アメリカなどでは、職歴無しの人材はインターンシップなどからスタートし、その勤務期間が職歴になるというカルチャーが存在している。

しかし、日本では無敵の新卒採用枠を逃してしまうと、会社への扉の入口が急に狭くなり、諸手を挙げて歓迎してくれるのは外食産業や介護、飛び込みのセールスなど、労働基準法を一切無視した劣悪な労働条件&環境を強いてくるブラック企業群だけ…。

また、高校中退者や低学歴の人は、社会や他人に対し劣等感を感じていることが多く、ブラック企業に入社し辞めたいと思いながらも、そこの環境下になぜか適用しようとしてしまい、未来が見えないブラック企業社員のまま、無意味に長期間、人生の時間を浪費してしまうという悪循環に陥ってしまう。

だが、20代というのは人生の方向性を決定し、キャリアを構築する大切な時期だ。職歴無しというハンディキャップだけで、反人道的なブラック企業でしか職歴を作れないというのは、あまりに残酷な世界だ。

それでは、20代の職歴無しの求職者はどのように人生を挽回すればいいのだろうか?

スポンサーリンク

会社の求人広告をしっかりとリサーチしてから応募しよう

当たり前ですが、「若さと時間」という資産を持っている20代の若手を採用したい中小企業は山のように存在している。

その中小企業群は当然、劣悪な会社であるブラック企業ばかりではなく、普通の良質な会社もあり、そんなホワイト系の企業がリクナビやマイナビなどの業界大手の求人サイトに求人広告を出せず、ハローワークの求人募集の中に隠れたままで放置されている。

もったいない事に、転職希望者や求職者は、そのような優良求人案件に気付くこともなく、業界大手の就職・転職サイトだけを活用し、コマーシャルなど宣伝活動に力を入れている知名度の高い企業に応募する。

その業界や職種が、どれほどブラックで劣悪な労働環境や条件であっても

「職歴も実績もない中途半端者の俺を拾ってくれたんだから感謝しなければ…」

「自分の職歴では他の会社を受けてもどうせ採用される事はないだろう…」

と自信の無さからか、今の環境に適応しようと頑張りすぎて、劣悪な環境で仕事を継続してしまう。

そんな状態に陥らないためには、最初の応募段階で、会社が出す求人広告をしっかりと調査しなければならない。

チェック項目を決めておいて、年間休日数や給与条件など、自分の希望に合った業界や職種をしっかりと選択することだ。

ブラック業界の中でいくら転職を繰り返しても行き着くところはブラック企業

例えば、ブラック的要素が強いとされる外食産業や介護業界の中で、優良なホワイト企業を探し出そうというのは、サハラ砂漠の中で一粒のダイヤモンドを見つけ出そうとするようなものだ。

もちろん、存在することはするが、それがあまりにもレアケースなので、見つけ出すまでに非常に時間がかかり非効率である。

その他にも、出版社の編集プロダクションなども「The ブラック」だろう。プログラミングなど下請けの IT企業など、儲からない割には過酷な会社が業界によってはたくさんあるのだ。

そんな悪環境から、立身出世を狙っていくのもいいが、強い決意を持っていなければ仕事を続けられるわけがないし、悪環境に居続けられる人など限定されている。

そうであるなら、完全週休二日制の会社でごく普通に勤務した方が、ずっと楽に職務経歴を作ることができる。

それでは、求人広告をリサーチする時の条件をいくつか挙げていこう。

・完全週休二日制

「週休二日制」と書いている場合は、土曜日の出勤が不定期にあったりするので回避してもいいだろう。「完全」と書いているかどうかをしっかりと確認すること。

・年間休日数120日以上

年末年始やゴールデンウィーク期間などの休日を合算すると約120日が基準となる。年間休日数が100日以下は過酷な労働が待っていると考えた方がいい。

面接では自信と、時にはハッタリが必要

職歴無しや、高校の中退者にとって最大の敵は自分の中に存在している。それは劣等感やコンプレックスだ。就職する際の面接で一番大事なのは自信である。

そして、アピールできる職歴や実績がない以上、時にはハッタリも使い、人格・若さなどで自己 PR しなければならない。

自信をつけるために、本屋や図書館に行って就職関係の本や雑誌をくまなく読んだりするなど、とにかく前段階の準備をしっかりと行って、気持ちの平静と自信を身につけることが大事だ。

面接に落とされたとしても、最初からその会社とは縁がなかっただけ、と前向きに捉えて、あまりウジウジと考えないことが大事だ。

良い結果が出なくても、就職活動を継続していくことが一番重要。今を頑張って前に進まなければ、30代になったらもっと厳しい状況に陥ってしまう。大事なことはポジティブな気持ちで一歩ずつでも前進することだ。

20代の若者達が誰にも邪魔されず、元気に能力を発揮しながら働ける社会こそが、本当の意味での先進国だと思う。

もし、頑張って就職する気があるのなら、エージェントを活用して就職活動をスタートしてみよう。

20代で就職するならエージェントに登録(無料)するのがオススメです。

転職希望者は転職エージェントを有効活用しよう

転職が初めての場合、特に20~30代の若い人の場合は転職といっても何をすればいいのかわからず、また激務なブラック企業に入ってしまうのではないか、と不安になることが多いと思います。

そこで、オススメなのが転職エージェントの利用です。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

転職はたくさんのエネルギーを消費します。履歴書の作成や、求人の検索など細々とした面倒な作業が多く、会社に応募する前から疲れてしまいます。転職エージェントは無料でそれらの手間を省いてくれます。

あなたと面談をして、希望条件にあった求人を探してきてくれますし、職務経歴書やエントリーシートの作成アドバイスもしてくれるので、孤独に転職活動をするよりずっと楽に進めることができます。

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

転職エージェントは会社に在職中でも離職後でも相談に乗ってくれます。まずは気軽に相談してみましょう。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする