大企業の一般事務は女王の黄金の玉座。大企業の一般事務は勝ち組なのか? | 大人の転職応援団

大企業の一般事務は女王の黄金の玉座。大企業の一般事務は勝ち組なのか?

大企業の一般事務は女王様の黄金の玉座。大企業の一般事務は勝ち組なのか?

一般事務職というと、一昔前は、一般的な女性の就職部門として人気があり、ポピュラーな職種でした。

仕事は書類の管理、事務の補助役や、お客さんや上司へのお茶汲み、コピー取り、郵便物の管理など雑務が主であり、30前後でちゃっかりと結婚相手を社内・外で見つけて、寿退社していくのが王道な、いわゆる腰掛け就職でした。

しかし、時は巡り、非正規雇用の規制緩和の流れに飲まれ、誰にでも出来る単純労働は、非正規雇用者に取られてしまいました。

かつてのオイシカッタ「腰掛け就職」のポジションは奪い合いになり、有効求人倍率は0.19倍と、とんでもない人気職種に変化してしまいました。

一部上場企業の一般事務ともなれば、女子力炸裂のヒエラルキー上位層、エリートの中でも選ばれし者たちが、水面下で殴り合いをしながら狙う「黄金の玉座」なのです。

ひょっとすると、メジャーリーグのピッチャーになるぐらいの難易度なのかもしれません。

彼女たちの心を掴んで離さない「一般事務職」というのは、どんな魅力があるのでしょうか?

スポンサーリンク

玉の輿戦争に敗北しても死なない「黄金の玉座」

その熾烈な競争の裏に隠れているのは多大なるメリットだ。一般事務として大企業に入社できれば、待遇・福利厚生などは申し分なし。

法令遵守(コンプライアンス)も強く、セクハラ・パワハラ・モラハラから、ある程度、身を守ることができる(お局様は水面下攻撃を行う事が多いので、これをかわすのは難しいが‥)。

社内恋愛を経て結婚できれば、自動的に、大企業の正社員の旦那様が手に入る。

だが、大企業がゆえに社内には、非正規の契約社員や派遣社員の一般事務女子がいて、もちろん彼女たちも、大企業の未来の旦那様をあわよくば、と狙っている。

黄金の玉座を得たエリート選抜女子達は、そんな非正規雇用の事務女子達を一蹴し、高みから見下す権限を持っている(と思い込んでいる)。

そんな大奥も真っ青の、ドロンドロンな利害関係がぶつかり合っているのが、一般事務職という女の舞踏会なのである。

結局のところ、一般事務職としての『大勝ち組』は大企業の男性との寿退社なのだ。

昔も今も変わらない、「玉の輿」こそが、勝者の見る世界なのである。

しかし、玉の輿戦争に敗北して、もし売れ残ったとしても、大企業の一般事務職、しかも正社員ならば、そうそう首を切られることもない。

このようにして、お局様が新たに生産され、やがてリサイクルされていくのであるが、少なくとも玉の輿戦争に敗北しても死ぬことはない「黄金の玉座」が、正社員の一般事務職という特等席なのである。

しかし 非正規雇用で売れ残ると悲しい現実が‥

 しかし 非正規雇用で売れ残ると悲しい現実が‥

非正規雇用の一般事務職の場合を考えてみましょう。彼女達のほとんどは、契約解除という時限爆弾を背負いながら、日々の仕事をこなさなければならない。

高い専門性が必要ない一般事務職は、非正規雇用の契約となると、なおさら職務経歴としては貧弱なものになってしまう。

仕事は、定時通りの9時~5時という、安定したおいしい労働環境を容易に得られる非正規雇用の一般事務職。

「結婚相手を見つけて、寿退社すれば大丈夫でしょう」という、ゆるい考えを言い訳にして、ぬるま湯から、なかなか出ることが出来ない女性も多いと思います。

二十代であれば「大企業で事務をしながら、ゆっくり旦那探し」もいいでしょうが、30歳を超えると、非正規雇用というポジションも重なって、どうしても「痛さ」がにじみ出てしまう。

転職、及び婚活マーケットにおいても「お呼びでない女」という烙印を押され、プラス、年齢と共に仕事の契約更新がシビアになっていく。

もし、契約更新ができなければ、次の雇用形態はパートタイマーぐらいしか残っていない。

居心地のいいぬるま湯に長くつかりすぎると、後でしっぺ返しが来るのは世の常である。

大企業で正社員の一般事務という黄金の玉座と比較して、経済力も社会的ポジションも脆弱なのが非正規雇用、一般事務のキツイところです。

結婚もキャリア構築も簡単ではない時代です

今後の日本、男女ともに、経済格差とキャリアの差がドンドン広がっていくのは、誰が見ても明白だと思います。

非正規雇用という立場で安穏としていれば、年齢を重ねるごとに生活が困窮してしまう。

専門的なスキルを習得し、キャリアウーマンを目指すにしても、組織のライバル達と熾烈な競争を繰り広げなければならない。

また、婚活にしても、理想の男性に出会えるかどうかは分からない。

今のご時世「いつか結婚出来るだろうから、まぁいいや」は危ない考え方と言える。

一般事務職で数年間ほど腰掛けで仕事をしてから結婚、という時代は過去の話で、これからの時代を生きる女性は、あらゆる場面で競争していかなければならないのかもしれません。

専門スキルの習得や大企業への転職を諦めないことが大事

専門スキルの習得や大企業への転職を諦めないことが大事

女子ヒエラルキー上層階の住人である、大企業の一般事務女子に対して、ジェラシーファイヤーをぶつけても何も変わりません。

新卒段階で大企業に入社できなかった場合、女性はどのようなキャリアパス(職務経歴)を描くのが理想なのでしょうか?

もし、今現在の仕事に不満(報酬・待遇・仕事内容)があるのであれば、ポジティブな攻めの転職を考えてみる必要がある。

大企業や、ハイクラスの会社で能力を発揮できる仕事力があるにも関わらず、転職マーケットの存在を知らず、能力に見合った適正年収よりも、ずっと低い報酬で働いている方は非常に多い。

特に30代前半の女性は、実は専門的なスキルを持っているのに、会社の規模・制度・風土・文化によって年収の上昇、キャリアアップが妨げられるという事があります。

「事務職は利益を生み出さないんだから、手取り20万でも多いんじゃないの」

「正社員にしてあげてるのに何が不満なの?ボーナスが出なくても、雇ってあげてる事にもっと感謝してもらわないと」

このような言葉は、出来の悪い経営者が御託並べているに過ぎません

事務職であってもキャリアアップが可能な会社はありますし、ボーナス無しでは正社員雇用のメリットが全然ありません。

ですので、もし現在の雇用状態にストレスや不満を感じたら、転職エージェントに登録してみるのも、ひとつの有効な手立てだと思います。

転職エージェントは、総合職だけではなく事務職の転職も扱っていて、その人の能力に見合った適正年収・職場環境・待遇などのアドバイスをしてくれます。

しかも、転職の優良求人案件の紹介から、内定~最後の入社まで、しっかりとサポートしてくれる、転職者にはありがたいサービスです。

一度も転職を経験したことがない人は、転職するのは難しいものだと思い込んでいます。

しかし、現在の悪い状況から抜け出すためには、勤務先を変えることが、一番大きく自体が動くと思います。

「結果を出したのに給料が全く上がらない!」

「なぜ、ボーナスが全く出ない!」

などの不満を感じている場合、経営者から買い叩かれている可能性があります。

転職エージェントは、人材の応募をしている企業の、待遇や給与、労働環境などをしっかりと把握しています。

転職エージェントを活用することで(下記参照)「転職した会社がとんでもないブラック企業だった」などというような、転職失敗のリスクを回避することが可能です。

・面接通過/書類選考通過の難易度・通過率

・ 採用のポイント

・ 職場環境(平均残業時間・育児休業取得実績など)

・ 求人企業の企業風土や文化

・ 求人企業や業界の成長性・動向分析

・ 入社後のキャリアパス相談

大企業への転職も不可能ではなく、希望に沿った転職を成功させ、勝ち組の仲間入りをするには、ポジティブで攻める転職が絶対に必要です。 

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする