無個性で人間味のないエントリーシートはダメ!採用されやすいエントリーシートの書き方 3つのコツとは? | 大人の転職応援団

無個性で人間味のないエントリーシートはダメ!採用されやすいエントリーシートの書き方 3つのコツとは?

無個性で人間味のないエントリーシートはダメ!採用されやすいエントリーシートの書き方 3つのコツとは?

就職活動生だけではなく、転職活動においてもエントリーシートを書かなければならないことが多くあります。履歴書とは違って、エントリーシートにはその企業独自の質問項目などが設けられています。

例を出すと、「今まで生きてきた中で最も感動的だった出来事を800文字以内で書いて下さい」や「当社のブランドイメージにマッチした女性向けの新商品を提案して下さい」など、その求職者本人のことを書く質問から、会社に入ってから求められる仕事の提案力に至るまで、様々な質問をされます。

しかし、よくよく考えてみれば、エントリーシートによる人材の選別は、入社後のキャリアプランやアイデア・企画力などを持っているかどうかを見極めるには最も簡単な方法です。

ここでは、アピールできるエントリーシートを作るための、3つのコツを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

字は出来るだけ綺麗に書くべし

字は出来るだけ綺麗に書くべし

by:マイナビーエントリーシートとは?

もともと字が下手くそな人にとっては、エントリーシートを手書きで書くのは、なかなかハードルが高いですね。パソコンで入力してごまかしたいところですが、実は、手書きでの作成には理由があるんです。

何十社も面接を受けている就活生にしてみれば、毎回エントリーシートを作るのは、非常に手間のかかる課題の筆頭に挙げられます。仕方のないことですが、志望動機が薄い会社や業界のエントリーシートは少し手を抜きがちになります。

どれほど綺麗な字を書く人でも、手を抜いて書いた文字や筆跡はやはりバレてしまいます。

逆に、字があまりうまくない人でも、綺麗に書こうという意志を持って書いていれば、それは必ず筆跡として現れ、そのようなエントリーシートは好印象を持ってもらうことが多いです。

企業の面接官は、文字の美しさをチェックしているのではなく、提出されたエントリーシート作成に、どれほど本人の時間と労力を費やしたのかを見ています。

ですので、できるだけ集中して時間をかけてエントリーシートの作成に挑みましょう。先にパソコンで下書きを作っておいて、それを見ながら書いていけば、間違えも少なくスムーズに作成できると思います。

絶対に消えるボールペンなどを使用して、書き直しを行ったりしないで下さい。エントリーシートがしわしわになっていたら、書き直しをしているのが即効でバレるので、ネガティブな印象を与えることになってしまいます。

エントリーシートにオリジナリティや個性を出すべし

就活本に掲載されているような、毒にも薬にもならないような事務的で無個性、誰にでもかけるような内容をエントリーシートに書いてしまうと、採用される確率はかなり低くなります。

理由は、エントリーシートを通して、その人の人間性や個性が伝わってこないからです。採用される確率が高いエントリーシートの内容というのは、その人独自のオリジナリティー性が含まれているものを指すのです。

よく用いられるサークル活動の話や、アルバイトでの経験談も、ありありと鮮明にイメージできるようなリアリティある内容や心の動きなど、その人独自のオリジナルエピソードが含まれていると面接官も興味を持ってくれます。

実際の人材採用の現場では、転職・就職の採用は人柄や個性・人情で決めていることが案外多いのです。

資格や能力の前に、この人が会社に来てくれたら面白そうだ!と強い印象を与えることができれば、採用される確率もグンと高くなってきます。

TOEIC で満点を取るような、高学歴エリートが面接に来てくれても、笑顔をどこかに置いてきてしまったような能面顔の無表情な人間とは誰も一緒に働きたいとは思わないでしょう。

それとは逆に、自分の失敗談さえも笑い話に変えて喋れるような、おおらかな性格のキャラクターであれば、一緒に仕事をしてみたいと思ってくれるでしょう。

余談ですが、一緒に仕事をしたいと思わせるタイプとして、有名な刑事ドラマの「相棒」に出てくる、初期の相棒役である亀山タイプがこれに該当します。

逆に、二代目の相棒である神戸警部補はとても優秀ですが、少し取っつきにくい部分があります。

亀山薫(かめやまかおる)ー刑事ドラマ「相棒」の初代相棒。

率直で素直、とても明るい性格で、人懐っこいキャラクター。人情派で少し甘い部分があり、犯人に対してもついつい情をかけてしまったり、どうしようもなくやり切れない後味の悪い結末に憤りを見せるなど、視聴者の視点に一番近く、感情移入がしやすい性格です。

県庁所在地を勘違いするなど刑事の能力としては物足りないが、愛想が良いため「まぁ仕方がないか」と失敗をしても許されやすいオーラを持っています。

愛されやすいキャラクターの人物像を紐解いてみると、いい所と悪い所、相反した二面性を持っていることが多くあります。

人間というものは、潜在的に短所を持っている人間を好む傾向があります。

人間臭さを持っている人、つまり、コントロールされた理性よりも、熱い感情の方をつい優先してしまうようなキャラクターに、私達は好印象を抱きやすくなっています。

そのため、エントリーシートの作成において一番大事になってくるのは、実際のところ自分の長所の部分というよりも、短所の部分がとても重要になってくるのです。

有名な漫画で例を出すと、「 ONE PIECE 」に出てくるバルトロメオなどは、非常にギャップがあって面白いキャラクターです。

ゾロは強い野心に溢れて男気を持っていますし、サンジはめちゃくちゃ女が好きという独自個性があります。こう考えると意外に漫画で人気のあるキャラクターは、面接において採用されやすい人なのかもしれませんね。

バルトロメオ

↑ ONE PIECE に登場するバルトロメオ。

顔面は強面にもかかわらず、言葉がかなり訛っていて、しかも主人公ルフィの大ファンであるという大きなギャップで人気のあるキャラクターです。

このような個性のギャップは、人間臭さを作り出し、それがかえって魅力的に映り、その人の個性となります。

ライバルが多く存在し、競争率が高い世界に挑戦したいのであれば、このような強い個性や、人を引きつける魅力が必要になってきます。

完璧なエントリーシート、完璧な人間を演出しようとしても、いずれボロが出ますし、そもそも人間味がない完璧人間と一緒に仕事がしたい思う人はいません。

絶対に提出期限を守るべし

当たり前すぎることですが、意外とエントリーシートを提出期限のギリギリまで出さない人がいたりするんです。たとえ上手く書けたエントリーシートであっても、提出期限内に出さなければ紙くずと同じです。

何十社も面接を受けていると、エントリーシートの提出期限を間違ってしまうこともあるので、しっかりと確認をして提出をしましょう。提出期限を越えて出した人で採用された例はほとんどありません。

「ユニークなやつ」「突拍子もないやつ」とポジティブに受け止めてくれる場合もないとは言い切れませんが、期限も守れないような人間は、入社してから他の事も守れないだろうとイメージされるので採用率は低くなります。

上に書いた三つを参考にして、採用されやすいエントリーシートを書いてみて下さい。巷で売られているような就活のノウハウ本の通りには書かないで下さい。

無個性で人間味のないエントリーシートになって、チャンスを失うことにもなりかねませんので。

下記におすすめの転職エージェントを記載しておきます。転職活動に不安のある方は参考にしてみて下さい。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする