転職活動で大事なのはヤル気・意欲・向上心などのポジティブさ。気力が十分であれば転職はうまくいく | 大人の転職応援団

転職活動で大事なのはヤル気・意欲・向上心などのポジティブさ。気力が十分であれば転職はうまくいく

転職活動で大事なのはヤル気・意欲・向上心などのポジティブさ。気力が十分であれば転職はうまくいく

転職活動というものを考えてみると、おそらく多くの転職希望者がイメージするのは、大変でストレスが溜まり、過度の緊張を強いられるもの、というようなものだと思います。

そんな印象を持つのも仕方ありません。会社によっては、専門的な資格や特別なスキルがない人が面接を受けても、まともに相手にしてもらえません。

その結果、自分は何の価値もない人間なんじゃないか?と思ってしまい、自信喪失に陥ってしまうからです。

しかし、専門資格や華やかな職務経歴を持っていなくても、心理的に安定しており、精神的なパワーが充実している時であれば、求める転職活動の結果が得やすくなるのです。

スポンサーリンク

精神的なパワーがダウンしている時は思考力が鈍る

人間が持つ心理的な作用として、上手くいかない事があまりに続けて起きると、

「自分は生まれもってのダメ人間だ…もうやめよう」

「何をやっても上手くいく気がしない、疲れた…」

とネガティブな思考に陥ってしまいます。

努力や取ったリスクに比べて、あまりにリターンが小さい場合、無理やり自分を鼓舞して行動しようとしても、心と体がチグハグになって、思考力がどんどん低下していきます。

自分が持っている本来のポテンシャルが全く出せなくなり、気力が全然湧いてこない状態に陥ると、人間の脳力は著しく低下してしまいます。

そして、「やりたくないのに、やらなければならない」ことを長期的に行っていると、心理的に強いストレスとプレッシャーがかかってしまい、行き着く先は「鬱病」という事になってしまいます。

特に日本社会は、働くことに対しての社会的なプレッシャーが強く、「働かざるもの食うべからず」という思い込みが強くあります。

転職の際、求職状態から抜け出して、早く内定が欲しいあまり焦ってしまい、転職先をしっかりとリサーチもせず、自分の希望条件に合わない会社に入ってしまうことがあります。

人生の転機となったかもしれない転職のチャンスを、みすみす逃してしまうのは非常にもったいないことです。

自分の人生をステップアップさせるのが転職です。自分の適職や天職を見つけ出して、人生をより良い方向へ向かわせる建設的なチャンスにもなるのです。

自分が優先させたい希望条件を後回しにして、社会的なプレッシャーや周囲の目線から早く逃れようと、妥協した転職先で手を打ってしまうと、自分自身の人生の価値を削ってしまう事にもなりかなません。

気力や熱意の低さは面接官に見抜かれている

「おそらく今回もダメだろうな…」

「合格の可能性は低いから大体でいいだろう」

などの考えは、必ず言葉や表情、身振り手振りなどで無意識のうちに現れてしまいます。その会社に入れる可能性が高かった面接であっても、ネガティブな印象を与えてしまうと、取れるはずだった内定を落としてしまいます。

表情や身振り手振りが見えない紙面の履歴書であっても、思いを伝えようとする意欲が低ければ、いい加減な書き方になってしまいますし、面接官とのやりとりをイメージトレーニングしていなければ、適当な受け答えで終わってしまいます。

転職する際に継続して大事になってくる事は、職務経歴や専門的なスキルではなく、転職を絶対に成功させてやるぞ!という強い動機づけであり、面接官にぶつけなければならないものは、熱意・ヤル気・ポテンシャル・向上心・意欲などのポジティブさなのです。

転職活動は気持ちを安定させて行うことが大事

●ブラック企業の経営者や管理職に苦しめられた人

●人手不足による強制的な長時間労働を強いられた人

など、会社から脱走するように退職した人は、いざ、次の転職先を探して転職しようにも、なかなか気力やモチベーションが湧いてこない事がとても多くあります。

性格的に、誠実で真面目な方ほど、「働かざるもの食うべからず」という社会的なプレッシャーと周囲の目に苛(さいな)まされてしまい、すぐに内定をもらおうと、再び、どうでもいいような会社に再就職してしまいがちです。

しかし、とても重要なことは、まず傷付けられて疲弊した心を癒す時間を作ってあげて、意欲や情熱が、再び心の内側から湧き上がってくるのを待つことなのです。

本を読んだり、リラックスできる場所に出かけたりして、心の回復を図りながら、

自分が本当にしたい仕事とは何なのか?

会社に求める条件や待遇はどれくらいのレベルのものか?

などをゆっくりと考えながら、転職の準備を進めていくことをおすすめします。

ポジティブな心持ちからは良いアイデアも生まれやすい

意欲・ヤル気・熱意などが十分な状態だと、面接の受け答えの時も、臨機応変に対応することができます。斜め上方向からの予想外の質問をされても、上手く機転を利かせた柔軟な答えが生まれやすく、ポジティブな結果を得ることが可能です。

転職で有利になりそうな、専門的な資格を取ろうとした時でも、精神状態が上向きな状態であれば、記憶力や思考力も高い状態が維持できますし、資格取得も効率的に進めることができます。

転職活動をネガティブに捉えて、「過度の緊張を強いられる面倒なもの」と考える人もいますが、本来、転職というものは、自分の人生をより良い方向へ向かわせる「人生の転機」と呼べる貴重なものなのです。

転職活動を始める前は、ひとまず「気持ちの整頓」を行い、意欲と気力を十分に満たすところからスタートしましょう。

ダラダラと言い訳をして怠け過ぎていては、逆に、意欲と気力も低下してきますが、疲弊してしまった人間の心と体には、ある程度の休養が必要なのです。

オンとオフをしっかりと切り替えて、転職活動を行っていくことが望ましいことです。

転職活動において、もし不安があるなら、転職エージェントに相談するのもいいと思います。

下記に無料で使える転職エージェントを紹介しておきます。参考になさってください。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする