転職者が持つ資格はどのぐらい内定率に影響を及ぼすのか?30代の転職では資格が強力な武器になる | 大人の転職応援団

転職者が持つ資格はどのぐらい内定率に影響を及ぼすのか?30代の転職では資格が強力な武器になる

転職者が持つ資格はどのぐらい内定率に影響を及ぼすのか?30代の転職では資格が強力な武器になる

よく言われる言葉に「資格を持っていないと転職活動は厳しくなる」というものがあります。

華々しい職務経歴を持たない人や、最終学歴が高卒の人などは、資格取得を勧められたりするでしょうし、 PC スキルを持っていたり、英語ができれば企業に採用されやすいというのも間違いではないと思います。

しかし、そういった言葉はどれほどの信憑性があるのかは分かりません。資格の有無というものがどれぐらい、就職・転職の際の採用率に影響を及ぼしているのでしょうか?

今回は、資格の有無と採用率が、どのような関係性にあるのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

評価される資格と評価されない資格がある

時間もお金も失いかねない話ですが、資格の講座を多額のお金を支払って受け、資格取得ができたとしても、まるで転職の際に評価されない事もあったりします。

資格には、国家資格と民間資格と呼ばれるものがあります。特に、民間資格の中には怪しいもの含まれており、ほとんどお金で買えるような資格であったり、実務では全く使えない名ばかりの資格も紛れ込んでいます。

このような民間の資格は、講座の主催者がビジネスのために行っていることが多く、広告では大げさに「転職で有利になる資格!」「内定率もアップします!」などと言っていますが、全く評価されない意味のない資格として捉えられる可能性はかなり高いです。

有名どころの資格である TOEIC や英検、簿記・会計などは、やはり転職活動では有利に使えます。

転職サイトの求人募集の内容を閲覧していれば分かりますが、 TOEIC 700点や、簿記二級などの資格や能力を持つ人を募集している求人を見つけることができます。

いざ、資格取得をする前には、実際の仕事の現場で、その資格が意味を成すものなのかどうか、転職サイトの求人募集の条件欄に目を通しておく必要があるでしょう。

また、狭き門である難関の税理士や公認会計士などの国家資格を所有していれば、もちろん、転職の時に強くアピールすることができます。

ですが、難関の国家資格は1年以上にわたる資格の勉強が必要なので、そちらの職業に就く人以外にはあまりオススメすることはできません。

転職の前に、短期間のうちに取得できる資格となると、やはり英語関係のものか、簿記ぐらいになってくるでしょう。

エクセル・ワードの資格である、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)などの資格もありますが、職務経歴の中に PC スキルが必要な職場での勤務経験があれば、無理に取る必要はありません。

転職においては、業務・実務経験の方もしっかりと見てくれるからです。

資格を所持していれば採用される確率が2倍以上になる

資格を所持していても現場での実務の経験がなければ使い物にならない…という意見もありますが、なんの資格も保有しておらず、実務経験もほぼ無いとなると、内定を取れる確率はほぼゼロになってしまいます。

ただ、「若さ」という資産を持っていれば内定率も上がるでしょうが、年齢が上がってくるにつれて、段々と難しくなってきます。やはり、30歳を超えての転職活動においては、現場での実務経験や資格を持っていた方が断然有利になります。

求人募集の項目欄で、募集は有資格者に限っている場合、転職者のライバルの数は大幅に減少します。有資格者というだけで採用される確率が高くなるのです。

例えば、事務員を募集している会社があって、条件として簿記2級の資格所持者のみを募集している場合、通常は30名ほどの応募が殺到するところ、条件を見て10名ほどに減少します。

単純に応募する人数が減れば、採用される確率が必然的に上昇するのは当然です。

有資格者かどうかというだけで、ライバル転職者を出し抜けて、さらに採用される確率が2倍以上に上昇するのであれば、挑戦しないと損というものです。

英語の資格であれば英検や TOEICが狙い目 。 TOEIC は600点あれば OK

英語が好きで英語の勉強をしていても苦にならない人は、英検や TOEIC などの英語系の資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか?

英語資格を軸に転職活動をする場合、実務的なビジネス英語を使えないと意味がない…と思い込んでいる人も多いと思います。

実際の現場では、英語での文章やメールのやり取りにだけ英語力が求められる事もあり、そのような会社においては TOEIC 600点ほどの人であっても対応が可能だろうと見てくれる。

転職の求人募集の項目でよく見られるのが「日常レベルの英語の読み書き」といったものがある。この条件は TOEIC600点ぐらいで十分に対応できるので、英語が好き・得意である人は、 TOEIC600点を狙いにいってみましょう。

また、外資系企業の事務職や英文経理、貿易事務は、簿記の資格と英語の資格のダブル取得でアピールすると、採用率がグッと上がるので狙い目の業種としておすすめです。

実際に、英語と簿記の資格のダブル取得で、希望の会社に転職できた女性の経験談を参考にしてください。

大人の転職応援団
転職やビジネスに関するお役立ちコラムをお届けします

転職を成功させたいなら資格という資産を持ちましょう

20代という年齢や、大学を卒業したばかりの新卒者は、「若さ」という大きな資産を持っています。会社側からすれば上手く人材育成ができれば強い戦力に変わる、と考えて内定をくれます。

しかし、30歳前後の転職希望者となると、現場での実務経験や何らかの資格を有してないと、なかなか希望の会社に転職するのも厳しくなってきます。

もしあなたが30代で、なんの資格も実務経験もない状態で転職活動を行っているのであれば、職業訓練校や専門学校、各種資格講座などを利用し、資格取得をしてから再度、転職活動に挑むという方法もあります。

資格を持っているか否かで、採用されるかどうかの確率も変わってきます。希望の会社や業種で働きたいのであれば、資格という武器を持って転職活動を進めていくのも優位性のある手段だと思います。

転職活動に不安のある方や、プロからのアドバイスが欲しい方は、転職エージェントの活用もいいと思います。転職先が決まるまで親身になって強力サポートしてくれるのでオススメです。

下に信頼できる転職エージェントを紹介しておきます。参考になさってください。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする