女性が転職するベストタイミングは「27歳」説を検証する | 大人の転職応援団

女性が転職するベストタイミングは「27歳」説を検証する

転職を考えている人は、いつが自分のベストな転職タイミングなのか?という事を考えたりすると思います。それには、色々な考え方があって、

20代後半から目に見えて転職のチャンスが減ってくる
30歳を超えて初心者・未経験での他業種への転職は不可能
大手の企業は中小零細企業からの転職者を相手にしない

など、様々な考え方があるので、どれが信憑性のある意見なのか分からなかったりします。

色々ある意見の中で、個人的に一番、的を射ていると思うのが、女性の転職のベストタイミングは27歳である、というものです。

では、どうして27歳がベストなタイミングなのか?その理由と根拠を検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

27歳の女性であれば社会性は身についていると見てくれる

20代前半の女性や、大学を卒業したばかりの人は、まだ社会での経験が少なく、自分が思い描く仕事像と、実際の現場での仕事との乖離に落胆して退職してしまったりと、会社が期待するような働き方をしてくれない事が多いです。

しかし、女性も27歳ともなると、ある程度の社会経験を積んでいますし、会社での勤務歴も4年~5年程あれば、ビジネス上のルールやマナーも一通り理解しており、社会や仕事に対して、いい加減な考えはないだろうと採用側は考えます。

転職希望者を中途採用する場合、社会の基本や、ビジネス上のマナー・ルールを1から教育していたのでは、企業側からしても時間とコストがかかってしまい、かなりのロスになってしまいます。

そういう部分で、27歳前後の女性は、既に社会性を身につけていて、基本的な部分をクリアしていると判断され、その職種が未経験で初心者であったとしても、実際の現場に入れられて、色々な経験をさせてもらいます。

新卒時の面接で行われるような、わざとらしい自己アピールや、印象を良くするためのお利口さんなコメントなどを言う必要はありません。

会社の採用者も、具体性を求めているので、転職希望者の女性が一体、何が出来るのかを見ようとしています。

逆に、20代前半の女性や、第二新卒者などの転職活動になると、将来の伸びしろや潜在力などを会社側に見られるため、具体性というよりも、将来の仕事の方向性や夢といった、やや感覚的な答えを言わなければなりません。

したがって、27歳の女性の転職活動は、本音と建前をなくした具体的な話のある面接になるので、新卒の時のまどろっこしい面接よりずっと簡単です。

結婚して辞めるまで、一定の期間があると見てくれる

企業の採用担当者が女性を採用する時、やはり気になるのは、結婚と妊娠による退職がいつになるか、というところです。

転職して中途採用で入社した場合、採用後、半年や1年で妊娠・出産で辞められてしまっては、採用コストが高くついてしまいます。

少なくとも3年ほどは勤務してもらいたい、というのが採用側の考えで、会社の採用の基準としても存在しています。

昨今は女性の結婚年齢や出産年齢は上昇しており、平均年齢はだいたい30歳前後になってきているので、転職希望者の女性を27歳で中途採用したとしても、3年くらいは勤務してくれる可能性が感じられます。

そのような理由から、採用側は女性の採用年齢に一定のラインを引いているという事なんです。

男女の雇用機会に関しての法律があるので、そのようなラインを作ってはいけないのですが、日本の社会というものはダブルスタンダードが多いので、その辺は分けて考えて採用を行っているようです。

年齢によって採用・不採用が決まってしまうのは、女性だけではなく男性にも普通に適用されています。

女性は、結婚・妊娠・出産によるもので、男性の方は、年齢を重ねる事によっての傲慢さ・柔軟性の喪失・過剰な自信による慢心、などによるものです。

20代後半の女性が最も総合力の高い人材と理解している

女性と一緒に働いたことがある方はご存知かと思いますが、平均的に見て女性の多くは働き者です。能力のMax値が高いのは男性の方ですが、仕事ができない、ダメな方の男性はとことんダメです。そのダメっぷりは、女性の比ではありません。

社会の中で、女性の力を最大限に発揮してもらおうと謳っている企業の経営者たちは、女性の忍耐性のある「働く力」を理解しており、20代後半の女性であっても、是非、雇い入れたいという会社はかなりあります。

プラスして、色々な助成金の制度が存在しているため、女性の雇用機会というのは、たくさんのチャンスがあるのです。

・両立支援等助成金
(ポジティブ・アクション能力アップ助成金)
女性の活躍促進についての数値目標を設定・公表し、一定の研修の計画を作成及び実施して、目標を達成する

そして、企業側が理解している事は、20代後半の女性が持つ総合力の高さと、もう一つ、コミニュケーション能力の高さです。

基本的に、男性よりも女性の方がコミュニケーション能力が高い傾向があるので、そういう面から見ても、企業からの人材評価は非常に良くなるのです。

つまり、中途採用であったとしても、27歳の女性転職希望者の人材価値は、企業側から見ても高くなるのです。

27歳でキャリアを積んで将来のキャリアパス(昇進・出世へのルート)を明確に!

女性は27歳という時点で、キャリアプランを実行できる職種やポジションに就いていないと、年収は徐々に下がってしまい、ジリ貧になってしまいます。

例えば、誰でもこなす事のできる仕事(一般事務や総務、または単純作業)であったり、どこの会社でも使えるような資格を持っていなかったり、勤務している会社が傾いてきたりすると、年収200万以下のワーキングプア寸前になってしまいます。

現在の日本では、男性だけでなく女性も資格を取ったりして、将来のキャリアパス(昇進・出世へのルート)を明確にイメージしておかないと、最悪、食べていけなくなる可能性もあります。

最後は結婚、と考えていても、たいしたキャリアや資格がない女性は、ハイスペックな男性と出会うチャンスも激減してしまいます。

男性の平均年収がなかなか上がらない昨今、専業主婦をしているだけで生きていける、というのは今の日本では贅沢な夢なのかもしれません。

女性が資格取得をしたり、キャリアを積んだりする事は、今では当たり前になってきているのです。

27歳を人生のターニングポイントにしよう

現在の仕事環境や生活スタイルを変え、27歳という時期を人生のターニングポイントにしましょう。

現実的に30歳という年齢を超えてしまうと、転職の際に年齢がネックになったり、新しい仕事や人生にチャレンジするのが面倒になってきます。

また、結婚適齢期のゾーンに入ってくるのが27歳という年齢なので、特に独身女性にとって、新しい職場で新しい出会いを得る、という意味でも転職は可能性を広げるものなのです。

あなたの年齢が27歳で、今の仕事環境や生活スタイルの中で「このまま年齢を重ねていくだけの人生は嫌だ!」という思いが沸々と湧いてくる時があるのなら、今こそ、転職して新しい人生のスタートを切る「ターニングポイント」なのかもしれません。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする