30代の転職では年収500万円を目指しましょう。転職を成功させるためには給与交渉も必要です | 大人の転職応援団

30代の転職では年収500万円を目指しましょう。転職を成功させるためには給与交渉も必要です

30代の転職では年収500万円を目指しましょう。転職を成功させるためには給与交渉も必要です

20代で転職活動を行う時は、自分のやりたいことや、労働条件(給与・残業・転勤)などを意識したと思いますが、30代での転職はそれに加えて「年収アップ」を意識して転職活動を行わなければなりません。

30代での転職を成功させるためには、ある程度の肩書きがあるほうが成功率は上がります。例えば、店長やエリアマネージャー、部下のマネジメントを受け持つ管理職などがそうです。

20代の頃と比較して30代は、転職のハードルの高さと、実行の難しさが全く異なってくるのです。

年齢が上がるにつれて、キャリアプラン(昇進・出世へのルート)の幅が狭くなってきます。

自分は現場主義なので生涯プレーヤーとして働きたい!と考えていても、実際、30代の転職で求められるのは管理職が多く、自分の理想通りにはいかないのが現実です。

やはり会社側は、30代の転職者を中途で採用するとなれば、人材・現場のマネジメントの実務経験がある管理職の採用を希望しています。

したがって、20代の転職では自由気ままに業種も働き方も選択できたのが、30代の転職となると自由に選べる選択肢が極端に少なくなってしまうのです。

年を重ねるごとに厳しくなっていく30代の転職を成功させるためには、どの条件を優先的に考えなければならないのか?

転職者それぞれに、転職の理由はあるとは思いますが、やはり一番重要なのは「年収」になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

目標は30代で年収500万円。将来のライフプランは年収に大きく左右される

30代のうちに年収で500万円稼ぐことができると、マイホームのローンや子供の養育費、老後のための貯蓄、趣味や旅行の資金など、将来のライフプランがイメージしやすくなります。

反対に、ワーキングプアと言われる年収300万円以下なると、結婚も難しく、住宅購入資金もたまらないので、何らかの妥協案が必要になってきます。

30代の時点で、年収100万~200万円のギャップあると、将来取り組むことの選択肢に違いが出てきます。

住宅購入資金のための蓄えや、会社を引退した後の老後資金などを考えると、年収300万円前後の状態で40歳を迎えてしまうと、未来の生活スタイルがかなり限定されてしまいます。

40歳にもなると、賃貸住宅派とマイホーム派との間に差が生じてきます。

マイホーム派の人は借入金(住宅ローン)さえ銀行に返済すれば自分の所有物(ストック型)になりますが、賃貸派は家賃を支払って終わりです(フロー型)。

現実問題、年収が300万円前後の人は、生活がジリ貧になってきます。それは、相対的に周囲との経済・生活格差のギャップが最も大きくなるのが40代だからです。

40歳以降のことを考えると、30代というステージがラストチャンスになってくるのです。なので、現実的に30代の転職は「年収」という部分が、非常に大事な点になってきます。

「お金なんかよりもやり甲斐の方がずっと大切」は30代では通用しない

年収が300万円代から伸びない職業というのは、そもそも、その業界の成長自体が鈍化しています。

したがって、年収の上限が自然とでき、汗水流して必死に働いても年収500万円を稼ぐ事はほとんどできません。

田舎住まいであったりで、両親が資産家ならいいですが、物価が高い都会では非常に危うい職業選択です。

30代の転職は、20代の転職と違って、自分の年齢や経験をちゃんと受け入れて進めていかなければなりません。

そして、40代以降というのは、体調も崩しやすくなってくる年齢で、嫁・子供がいれば最もお金が必要な年代です。やり甲斐という思いだけでは食っていけない状況に取り囲まれているのです。

30代で独身の方であっても、実際、結婚ができるかどうかは年収の多い少ないに関係していますし、子供の養育費にしても、子供が何人も欲しければ年収500万円は稼いでいないと余裕のある生活はできないでしょう。

年収300万円以下でも夫婦で稼げば子育ては可能です!といっているのは、物価が安い地方在住の夫婦か、両親と3世代で同居しているような方々の話です。都会で生活している人達と比べるのは、そもそも間違いなのです。

転職を成功させるには年収を上げるための金銭交渉が必要

転職は自分を高く売り込むための交渉機会です。ですが、日本人は交渉というものを避ける傾向があり、転職は年収を増やすためのチャンスであるにも関わらず、自分の価値を低く見積もって提示しまうことがとても多いです。

海外資本の外資などでは、巡ってきた交渉チャンスをタフにこなして年収アップを実現させる、という考えがベースにあります。

金銭交渉などを不得意とする日本人は見えない損失をかなり出していると思います。

転職活動をする時は、最低年収の下限を設けておきましょう。会社側が年収400万円以下を提示してきたときは断る、というような最低年収の線引きを作っておくと給与交渉の際、ぶれることはありません。

交渉の最初の段階で、自分が決めた年収の線引きを会社側に提示しておくのも良い方法かもしれません。

タフな給与交渉ができそうにないという人は、先に希望年収を提示するやり方で転職活動を行って、年収アップを目指しましょう。

転職で年収アップを目指すなら転職エージェントがおすすめ

転職をして自分が理想とするキャリアパス(昇進・出世へのルート)を描く時、年収を妥協してはいけません。

自分のやりたい仕事だけを最優先事項にせず、過去の経験と職務経歴、そして求める年収など、複合的に考えて転職活動を行いましょう。

年収500万円以上を狙っての転職を考えている方は、転職エージェントを利用するのもいいと思います。

自分が希望する労働条件や年収を伝えておけば、転職エージェントは希望に沿った、かつ内定しやすい優良求人案件を探して紹介してくれます。

30代の転職はどうしても求人が絞られてきます。1人で求人を探すのは非効率なので、転職エージェントの紹介を受けた方がスムーズに転職が進みます。

おすすめの転職エージェントを紹介しておきます。是非、参考にしてください。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする