事務職の実務経験ゼロの元小売業の女性が、正社員で年収400万円の事務職員にキャリアアップ!転職が成功できたワケとは? | 大人の転職応援団

事務職の実務経験ゼロの元小売業の女性が、正社員で年収400万円の事務職員にキャリアアップ!転職が成功できたワケとは?

事務職の実務経験ゼロの元小売業の女性が、正社員で年収400万円の事務職員にキャリアアップ!転職が成功できたワケとは?

友達が小売業から転職して事務職に仕事を変えました。1年ほど前から相談を受けていたのですが、「小売業は自分に合っていない」「ほぼ定時で帰宅できる事務職に転職したい」などと言っていました。

そして、最近、ついに念願かなって正社員の事務職員として採用してもらうことができた、との連絡を受け取りました。

転職活動の時の話を聞いてみると、事務職員としてのスキルや経験を持っていなかったので、なかなか会社から採用されず、少しふさぎ込んでいた時期もあったようです。

しかし、事務職として内定をもらうべく、しっかり戦略を考えて転職活動を頑張ったところ、事務職員(正社員)として採用通知を受け取ることができたようです。

前の仕事は小売で短大卒の彼女が、どのようにして未経験から、事務職員の正社員として採用されたのか?

インタビューをしてきましたので、彼女がどんな戦略を持って未経験から事務職員として採用に至ったのか、そのコツをシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

安定した事務職になりたい人は多い。競争率は10~30倍あることも

安定した事務職になりたい人は多い。競争率は10~30倍あることも!

事務という職種は、仕事の内容も決まっていて、定時帰宅できることも多く、小売業やセールス営業などのように厳しい目標ノルマが設定されていないので、主に女性が就きたがる職種と言えます。

難関の国家資格なども必要ないので、事務関係の資格で言うと、簿記であれば3級、貿易実務検定などはC級であれば、3ヶ月ぐらいの勉強で資格取得することが可能です。

それゆえに、採用されるのは難しく、高い競争率になっています。未経験の人が内定を取るのはたいへんです。近年の調査では、一つの求人募集に対し、求職者の競争率は10倍~30倍もある、と報告されています。

募集をかけたのが優良企業であれば、1人を採用する求人に対して、30人もの募集が殺到することもあります。実務の未経験者が、ライバル求職者達から内定を勝ち取るのはとても難しいでしょう。

頑張って簿記二級を取得。しかし…

彼女は、内定を勝ち取る手段として、仕事をしながら簿記二級の資格をあらかじめ取得しておきました。そのおかげで、募集条件で簿記二級以上の項目を設けている企業にも応募することができました。

しかし、それでもライバル求職者がたくさんいて、競争率も高く、しかも実務経験を持っている人がかなり多くいたそうです。

事務の実務経験は、雇用形態が契約社員であっても実務経験とみなされるため、他の求職者の中に実務経験のある契約社員がいると、そちらの人が採用されやすくなるのです。

そのため、残念ながら彼女は簿記二級という資格を取得していながらも、なかなか採用されることはありませんでした。

戦略を変更し英語の資格を取り外資系企業に狙いを定める

このままいくと、失業保険が終わってしまうと思った彼女は、方向転換を行い英語資格である TOEIC の取得を考えました。

彼女は1年ほどですが海外留学の経験があり、ブランクはありましたが、英語にはなじみがあったので、すんなり戦略変更を行うことができました。

1~2ヶ月ほど受験勉強のように必死になって勉強し、どうにか TOEIC650点(英検二級レベル)を取得することができました。 TOEIC と簿記二級の資格を持って再度、転職活動に向かいました。

今度は、簿記と英語のダブルの有資格者を求めている外資系の企業を狙って応募したところ、最初に面接を受けていた日本の会社と比較して驚くほど競争率が低下したそうです。

とある日本の会社の事務員募集の時は、競争率30倍でしたが、外資系の会社の事務員募集( TOEIC 600点以上・簿記二級)では、競争率3~4倍とかなり低かったようです。

事務職に就きたがる求職者は非常にたくさんいますが、英語というスキルが求められることによって、一気にライバルが激減したことに彼女はとてもびっくりしたそうです。

結局、彼女は四つの会社に応募して、三つから内定通知をもらうことができたようです。

提示された年収は なんと400万円

提示された年収は なんと400万円

事務職の年収というと、だいたい250~300万円ぐらいが平均です。ですが、彼女に提示された年収額はなんと400万円だったのです。

TOEIC600点以上は、日常英語のやり取りが可能なレベルなので、彼女はそれほど強いアピールになるとは考えていなかったのですが、簿記と英語のダブルで資格を所有している人は極端に少なく、そのおかげで年収が高くなるようです。

また、内定をもらえた外資系の企業は、営業の平均年収が1000万を超えているという事もあり、そもそも給料のいい会社であったという事もプラスしているようです。

簿記の資格と合わせて、英語の資格も取ってアピールすれば、格段に競争率が低下し、内定を貰いやすくなるだけではなく、年収も大きくアップさせる事も可能なのです。

未経験の人ほど転職の際はしっかりと事前準備をしましょう

未経験の人ほど転職の際はしっかりと事前準備をしましょう

今、彼女は、英文でやり取りを行って、アメリカのメーカーから医療機器を輸入・管理する部門で事務職を任されています。

初めの方は「英語でコミュニケーションがとれなかったらどうしよう…」と心配していたようですが、実際、英語を使用するのはメールでのやり取りがほとんどで、英会話能力はそれほど必要ではなかったようです。

それよりも、エクセルのスキルの方が必須であり、事務職で働くならエクセルも勉強しておけば良かったと言っています。しかし、残業もほとんどなく、定時帰宅ができ、休日出勤もない環境で働けて、とても満足しているようです。

私は彼女のうまくいったキャリアアップの話を聞いて、未経験で転職する際には、やみくもに面接を受けるよりも、しっかりとした戦略を立てて、必要な資格やスキルを獲得し、競争率の低い企業をピンポイントで狙った方が、より良い結果が出やすいと感じました。

未経験の状態から、事務職に転職をしようと思っている方は、簿記の資格だけに頼ることなく、他の転職者が所有していないような資格やスキルを取得しておくと採用される確率がグンと上がります。

英語やパソコンなど、簿記にプラスして何らかのスキルをもう1つ獲得し、その強みをアピールすることで、理想とするキャリアアップを実現していく事が可能になってくると思います。

失業保険は職業訓練校などに通えば延長する事は可能なので、職務経歴の空白期間を怖がらずにキャリアアップを目指すことが、成功する転職への最短ルートです。

未経験の職種への転職には転職エージェントの活用がおすすめです

彼女が外資系企業に応募をする際、求人案件は転職エージェントが紹介してくれたものだけに絞ったそうです。

なぜなら、転職サイトを利用して『外資・初心者・未経験OK・事務職・簿記二級・TOEIC 〇〇点以上』と詳細指定を行っても、どうしても求人案件がバラけピンポイントで絞れず、スムーズに優良な求人を探し出すことができなかったそうです。

そこで、転職エージェントに無料登録し、ちゃんと自分の希望(外資系企業でTOEIC 〇〇点以上、簿記二級の取得者。初心者・未経験OKの事務職)を伝えた所、転職エージェントのアドバイザーは、その希望条件に見合った求人案件だけを探し出して紹介してくれたそうです。

また、転職エージェントは履歴書やエントリーシートの自己 PR 文や志望動機の上手な書き方、面接での効果的な自己アピール方法などを教えてくれるので、彼女はとても助かったようです。

未経験の職種に転職したいなと思っている人は、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。スムーズな転職活動を行うことができますよ。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする