ゲームのシナリオライターになるためには何をすればいい?スマホゲームのシナリオライターに転職するチャンス到来か? | 大人の転職応援団

ゲームのシナリオライターになるためには何をすればいい?スマホゲームのシナリオライターに転職するチャンス到来か?

かつてゲームのシナリオライターという職業は、とても狭き門であった時代がある。

基本的にコンシューマーゲームのシナリオは、プログラマーまたはプランナーが一緒に作っていて、そのゲーム専属のシナリオライターがいるのは、テイルズオブシリーズなどのRPGだけであり、そこに新人が割って入り込むのは非常に困難な職業であった。

だが、今はコンシューマーゲームの勢いが落ち、代わってソーシャルゲームの勢力が強くなり、スマホゲームが爆発的人気となっている。

勢いが増すばかりのスマホゲーム業界だが、実際は少しずつ情勢が変わってきていて、現在はどこの会社もシナリオライターを探し回っているのが実状だ。

詳細を紐解いていくと、スマホゲームが出始めた最初の方は、迷路ゲームやパズルゲームなど、シナリオやストーリーのいらない、ミニゲームやカジュアルなゲームなどがランキングの上位を席巻していた。

これらは短時間で遊べるゲームで、通学・通勤の時にちょっとだけプレイできる簡易性を重視していて、ガラケー時代から続くゲームアプリ直系の後継者である。

ところが、パズル&ドラゴンズの大ヒット以降、ゲームの開発に投資できる資金が大幅に増加し、各ゲーム会社が競うようにリッチなゲームの制作を始めた。

その結果として、グラフィックが美しくて、絵が素晴らしく綺麗というのは、今となれば普通の事となり、課金の方法もスタンダードが確立されたので、ゲームユーザーが欲しているのは、出来の良いシナリオという事になってしまったのだ。

スポンサーリンク

素晴らしいシナリオ書くのは難しい。

プログラムや、イラスト・絵などであれば、目で確認できるので、大体の実力が把握できるし、注文をする側も出しやすい部分はある。

しかし、シナリオとなると、それが当たるか当たらないかは、実際に市場に出して反応を見るまで分からず、才能のあるシナリオライターを見定めるのにも、とても時間がかかる。

それでも、それぞれのゲーム会社は、有能なシナリオライターを見つけ出そうと、躍起になって探している。

スマホゲーム業界に、かつてのコンシューマーゲームで言うところのRPGブームが起こっている現在、ゲーム会社にシナリオライターとして入社するなら今が大きなチャンスといえる。

では現実的に、ゲーム会社が募集するシナリオライターの求人案件に応募して、採用を勝ち取るにはどうすれば良いのか?

答えはシンプルで、自分で書いたシナリオを2、3本持ち込むか、ブラウザゲームでもノベルゲームでも種類は何でもいいので、サンプルを持っていけばいいのだ。

シナリオライターとして採用されるための最低限の条件として、オリジナルの面白いシナリオを書けるかどうか、というところより、基本的な能力として、ある一定量の文章を決められた期間の間にたくさん書ける・量産できるという能力が求められる。

画期的なアイデアを出そうとずっと考え続けて、その割に一つもシナリオが完成しないアーティストタイプほど、会社から見て扱いにくいライターはいない。

シナリオライターというのは、良い作品を作るためなら何十年かけてもいいアーティストではない。

期限までに仕事をキッチリ仕上げられ、納期をしっかりと遵守できるシナリオライターが会社から重要視されるのだ。

華々しい小説などの受賞歴などは必要なし

新人シナリオライターが入社したら、まずは、フレーバーテキスト、簡単なキャラクターの台詞などを任される事になるだろう。

そして、そこから少しずつメインシナリオ、世界観のイメージ作り、パラメーター設定などを任されるようになり、最後はディレクターやプランナーと、様々なスキルを獲得することになるだろう。

シナリオライターといっても、シナリオのみで仕事をしていくのは難しい。シナリオライターはゲーム制作の最初の入り口であって、ディレクターやプランナーとして、ゲームを体系的にマネジメントできるようになれば、転職する時にも有利になる。

現在、ゲーム業界への就職というと、コンシューマーゲームだけではなく、スマホゲーム会社への就職を表すようになってきた。

あの任天堂もスマホゲームが隆盛を誇る今、なかなか苦戦しておりゲーム業界というものが、いかに変化の激しい業界が見て取れる。

しかし、盛り上がりを見せるスマホゲーム業界も、いずれはバブル崩壊の時を迎えるだろう。ゲームの世界というのは、新しいものを提供しても、ゲームユーザーが飽きてしまえば、さらなる進化を要求してくる。

現在のスマホゲームは、かつて隆盛を誇ったプレイステーション時代と同じだろうが、これからPS がどんどん進化していけば、開発費と損益分岐点にも限界がやってくる。

そうなった時、ゲーム業界はどのような変化を迎えるのか。全く別の新カテゴリ-の媒体が出てきているのか、それは誰にも予測できない。

しかし、ゲーム業界に入りたい、ゲームの製作がしたい、というやる気と熱意があるならば、ひとまずは、どの会社でもいいので入社し、早くゲーム業界に足を踏み入れることが大事だ。

ゲーム業界で働くことよって培ったスキルは、意外と転職で有利に働くこともあり、何よりこの日本からゲームというエンターテイメントは絶対に無くならないだろう。

なぜなら、どうしようもないくらい、日本人のゲームユーザーはゲームを愛しているのだから。

ゲーム業界で働きたいのであれば、転職エージェントを活用するのもアリです。オススメのエージェントサービスを紹介しておきます。参考にどうぞ。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする