ブライダル業界で働きたい!就職・転職の面接でよくある質問集 | 大人の転職応援団

ブライダル業界で働きたい!就職・転職の面接でよくある質問集

結婚式のコンサルティングを手がける、華やかなブライダル業界。

花形のウェディングプランナーは、女性が憧れる職種の一つであり、応募求人の競争率も高い人気の職種になります。

憧れのブライダル業界・ウェディングプランナーに就職・転職を希望している方のために、面接でよく聞かれる質問と、業界情報が満載の、ブライダル業界で有名なWebサイトをまとめてました。

ブライダル業界・ウェディングプランナーとして仕事をするには、業界の動きや、応募するブライダル企業の独自サービスを知っておく必要があり、事前の対策が必須になってきます。

スポンサーリンク

ブライダル業界の選考の流れ

1次選考 グループディスカッション

テーマがいくつか出され、結婚と恋愛の違いについてや、恋人と夫婦の違いとは何か、など結婚・恋愛関連が多くある。

2次選考 ウェブでの適性検査

一般的な教養などについての審査

3次選考 グループ面接

面接官が複数、応募者も複数いてのグループ面接

最終選考 個人面接

人事部長との個人面接

ブライダル業界の面接でよく聞かれる質問まとめ 

・志望動機を聞かせてください。

基本的なの質問ですね。この業界に入りたい理由、なぜその中で、この会社に応募したのか、その動機をしっかりと話すことが大事です。

事前にしっかりと考えておかないと、質問を受けた時に焦って間違えたり、あたふたしてしまいます。

・1分間で自己アピールをお願いします。

時間指定のある自己アピールは、グループ面接などでよくあります。面接前に自己アピールの雛形(ひながた)を作っておき、時間を計りながら1分や3分などの数パターンを用意しておきましょう。

・当社の魅力的なところについて話して下さい。

応募した会社の企業理念やサービスを理解しているかを問われています。志望動機と一緒で、この会社でなければならない理由を答えましょう。 

・あなたのニックネームは?その由来も一緒に聞かせて下さい。

友人や周りの人にとってあなたはどういう存在なのか?を見られます。変わったネーミングや、面白エピソードなどがあれば、面接官にポジティブな印象を与えます。

これといってニックネームが無い方でも、この程度の質問レベルであれば、少し話を盛って(作って)もいいと思います。

・どのような交通機関を使ってここまで来たか?

最初の方に、世間話的な感じで聞かれる事があります。特に重要な質問でもないので、緊張せずに、ハキハキと答えればいいでしょう。 

・自分の事をどんな性格だと認識していますか?

自分を客観的に見れているかを問われています。会社にいい影響を与えそうな長所をアピールしましょう。(人に喜んでもらうのが好き・最後までやり抜く力がある)

・家族や友人にどんな性格だと思われてる?

自己分析の能力があるか、他者評価が自己アピールの内容と矛盾していないかも見られます。転職ノウハウなどの内容を丸コピーしたり、偽自己PRを作りすぎると、矛盾が生じます。 

・最近の気になるニュースはなんですか?(結婚や政治経済etc)その理由も聞かせて下さい。

結婚・ブライダル業界の動向や、社会情勢など、情報収集力を試されます。ニュースサイトやWebサイトをチェックする癖を身につけておきましょう。

・当社の社長の名前を答えて下さい

希望する会社の企業理念や社長の名前ぐらいは、一通りホームページなどで、目を通しておきましょう。 

・ウェディングプランナーとは何をする仕事ですか?

インターンや説明会、OB・OG訪問など、きちんと話を聞いたり、調べていれば簡単に答えられる質門です。仕事内容を答えるだけです。

・なぜブライダル業界で働きたいのですか?また、ブライダル業界を目指したのはいつですか?

ブライダル業界でウェディングプランナーとして働きたい理由と、目指し始めた時期を答えます。一貫性のある理由があれば大丈夫です。

・会社にどのような貢献ができますか?入社後、どんな活躍をイメージしていますか?

会社に入った後の、自分の活躍イメージを描けているかを見られます。理想であっても、具体的にイメージしているウェディングプランナーとしての働き方を語ります。 

・あなたの長所と短所を聞かせて下さい。

長所は自己アピールと内容は同じにしましょう。短所は、短所としてだけ述べるのではなく、良い側面と改善点も一緒に絡めて答えましょう。

回答例:

「短所は思い立ったらすぐに動いてしまうところです。行動力があるのは友人にも褒められる事がありますが、早く動きすぎて周りをバタバタさせる事もあるので、今は、一呼吸置いて、一度考えてから行動に移すようにしています。」

・学生時代に一生懸命に取り組んでいたことは何ですか?

よくある質問の代表。バイト経験やサークル活動などのエピソードを話し、経験から学んだ事、苦労したが乗り越えた事など、笑い話や面白エピソードなどを交えて答えます。

海外一人旅やヒッチハイクなど、突飛なエピソードの方が印象に残りますが、実は、淀みなく楽しげに話しているか、表情は自然かなど、身振り手振りの方も見られます。

ブライダル業界・ウェディングプランナーは質の高い接客が求められるので、話し方・表情・姿勢などの身のこなしが非常に重視されます。

・もし自分に点数をつけるとすれば何点?そして、その理由は?

低すぎる点数だと、ネガティブで自己評価の低い、難しい性格だと思われてしまいますし、「100点!」などと答えようものなら、馬鹿みたいに見えます。

ですので、70~80点ぐらいの丁度良いラインに収めておきましょう。そして、その理由も答えましょう。

例えば、「89点」などかなり中途半端な点数を述べ、なぜ「90点」に届かないのか、その理由は~というふうに、具体性を高めて印象づけるやり方です。

・ウェディングプランナーとは別の部署に移動されたらどうしますか?

会社は、花型の部署以外では絶対に働かないという人を好みません。どこでも出来る柔軟性をPRしましょう。

どんな部署に配属されても、お客様に貢献できる仕事であればやりがいはある、何でも吸収して勉強させてもらう、という姿勢を見せてポジティブさをアピールしましょう。

回答例:

「私はブライダル業界・ウェディングプランナーとして働いた事がないので、どこに配属されても一生懸命に取り組みます。どんな仕事でも進んで取り組み、少しでもチームに貢献出来るよう精一杯がんばります。そして、先輩方の仕事を見て学ばせていただき、力をつけたいと思っています」 

・女性の人数がとても多い職場です。どう思われますか?

女性が多いは職場は、女性にとってどうなのか?また、男性にとってどうなのか?という多角的な視点を見られます。

「違う視点からのアイデアや企画などを多く生み出すためにも、もっと男性のウェディングプランナーの比率が上がったら良いと思っています。」という感じの、プラス視点方向で語りましょう。

決して「お局様にイジメられないか心配です!」「男性が少ないのは正直テンション下がりますね(笑)」などと言った、ボケた発言は控えましょう。

・当社の選考を通過できたのは、なぜだと思いますか?

会社の方向性や企業理念と、自分の理想とがマッチしている事をアピールする絶好の機会です。

・好きなタイプの人、嫌いなタイプの人を聞かせて下さい。

組織で働くということは、嫌いな人間とも仕事をするという事です。嫌いなタイプの特徴や性質を(感情的にならずに)言った後、どのように関係性を維持していくのか話しましょう。

過去に経験した具体的な話などがあれば答えて下さい。好きなタイプの人については、なんでも構いません。

・今の大学を選んだ理由はなんですか?

ブライダル業界・ウェディングプランナーと離れたイメージの大学や学部であっても、自分の考えに沿ってその大学を選択したこと、それから、どのような流れでブライダル業界・ウェディングプランナーを志望する事になったのか、などを答えましょう。

「家から近かった」「彼氏が入ったから」などの、ゆるい理由は避けて下さい。 

・鞄の中の物を一つ選択し、プレゼンテーションして下さい

ハンカチや手帳などをプレゼンテーションして、その商品を買うメリットを説明し「それが欲しい!」と思わせてください。

お客さんが、その商品の購入で得るメリットを考えて答えていきましょう。

なかなか、即興のアドリブでうまく答えるのも難しいと思うので、事前にイメージして練習しておきましょう。 

・当社の印象を聞かせて下さい。

競合他社とどこが違うのか、どこが優れている点かを具体的に答えましょう。企業理念や、他社と差別化されたサービスは何かを調べておきましょう。

汎用性が高い答えはマイナスです。すぐに答えが出なければ、その会社のウェディングプランナーさんをイメージして、いい印象の答えを言いましょう。

「ウェディングプランナーの方々の働く姿や、言葉使い・態度が素晴らしく、御社が人材育成に力を入れているのを感じた」「生き生きとした笑顔で働いている方が多く、私もその一員になりたいと思った」

・面接官にどのような印象を持ちましたか?

もちろんマイナスな事は言わず、プラスの印象を答えましょう。

話し方が丁寧で仕事の相談がしやすそう、落ち着きがあり信頼が出来そう、話が論理的で知的な印象、など。

・自分を一言で言うと?一分間で答えて下さい。

自己アピールの別の表現パターンになりますが、基本的に自己アピールと同じ内容で構いません。

・当社を漢字一文字で表現するとすれば何?

「愛」「幸」「光」「絆」「夢」「明」「心」「結」など、ポジティブな印象のものだけを、理由を添えて答えましょう。 

・声が小さいですね。お客様の対応時に問題は出ませんか?

少しプレッシャーのかかる質問ですが、過敏に反応せず、自分なりの解決策を述べ、落ち着いて答えましょう。

これらの圧迫質門にうまく対応出来ると、逆に評価が上がるので焦らずに答えて下さい。(更に声が小さくなったり、口ごもったりしないようにしましょう)

・何かのパーティーや会合に招かれた場合、あなたの持つ優位性をどのように発揮しますか?

会話やファッションの工夫・笑顔、周りへの気配り、自分勝手に喋らず聞き役に回るなど。ただし、自己アピールに沿った内容にして下さい。

自己アピールで行動的でアクティブな性格と言っているのに、控えめで配慮ができる、などの方法を言うと矛盾が生じますので気をつけて下さい。

積極・行動型:服のコーディネートや、楽しい会話でリードします。会話の中で、相手が褒められたい・自慢したい部分を見つけ、そこを刺激します。

配慮・サポート型:自分から前には出ません。あくまで聞き役・サポート役に回ります。配慮と心配りをさり気なく見せて、静かにアピールします。

積極・行動型 or 配慮・サポート型、どちらでも評価はされます。必ず、自分の特性に合った方を選んで下さい。

・収益を出すウェディングプランとはどのようなものですか?

ウェディングプランナーとして、収益ポイントをどこに置くのかを聞かれています。

「お客様に魅力的なオプションサービスの説明を丁寧にさせていただく」など、セールス力をアピールする方法などを答えましょう。

そのためには、会社のオプション内容を知っておかなければなりません。サービスプランやオプションの種類を調査しておきましょう。

・結婚で全ての人が幸せになれるわけではありません。あなたの考えを聞かせて下さい。

どんな結婚観を持っているのかを聞かれています。少しネガティブな意見を挟みつつも(浮気・離婚)、最終的にはポジティブな結婚観で締めくくって下さい。

・最近の離婚率および、独身率は何パーセントですか?

ブライダル関係の業界知識について問われています。近年は、離婚率も独身率も上がってきているので、その流れを仕事にどう絡めていくのかも聞かれています。

ブライダル業界の主なWebサイト

現在、結婚するカップルのほとんどが、インターネットを使って結婚式の情報を探しています。業界の動向や、それぞれの会社の結婚式のプランを、下で紹介するウェブサイトで調べておきましょう。

・ゼクシィ

ウエディング、ブライダルなら結婚準備の総合サイト ゼクシィ

【ゼクシィ】ウエディング、ブライダル、結婚準備ならゼクシィ
ゼクシィはブライダルに関する情報が満載!ウエディングや二次会などの会場探しを始め、婚約指輪から新生活まで、ブライダルに関することは全部ゼクシィがお手伝い。いろんなウエディングや口コミも参考にして納得のいくウエディングを!

・ウエディングパーク

結婚式・結婚式場の日本最大級口コミサイト【ウエディングパーク】

結婚式・結婚式場の日本最大級口コミサイト - 結婚式場口コミ「ウエディングパーク」
日本最大級の結婚式場口コミ情報サイト【ウエディングパーク】なら式場探しの決め手が見つかる!結婚式場口コミ、ユーザー投稿写真、人気式場ランキング、プラン、見積り、演出・余興アイデア、動画など、結婚準備に役立つ情報が満載!

・ぐるなびウェディング

結婚式・ウエディング・ブライダル情報検索サイト – ぐるなびウエディング

結婚式・ウエディング・ブライダル情報検索サイト - ぐるなびウエディング
結納・顔合わせから結婚式、二次会、結婚記念日までおまかせ!大切な人とこだわりの料理を楽しむお食事会ウエディングならぐるなびウエディング。こだわりの会場・お店はもちろん、特典やお得な情報が満載。

・みんなのウェディング

結婚式・結婚式場選び日本最大級口コミサイト【みんなのウェディング】

結婚式・結婚式場選びの日本最大級口コミ・コミュニティサイト 【みんなのウェディング】
結婚式や結婚式場の口コミやランキング、実際の費用明細などを多数掲載している日本最大級の結婚式場口コミ情報サイト。結婚式レポートやコミュニティ機能も充実。お得なブライダルフェアの情報や結婚式場の写真、オリジナル特典など役立つ情報が満載です

・楽天ウェディング

結婚式準備・結婚式場探し【楽天ウェディング】

http://wedding.rakuten.co.jp/

・ウエディングパーク海外

海外挙式探し決定版|日本最大級の写真口コミ数【ウエディングパーク海外】

http://felicita.weddingpark.net/

・結婚準備室

結婚準備のHow to ガイド【結婚準備室】

http://www.kekkon-j.com/

 ブライダル業界に転職したいなら転職エージェントがオススメ

ブライダル会社やウェディングプランナー、業界の情報を知りたければ、それぞれの会社のウェブサイトや、雑誌情報などを見れば、ある程度わかります。

でも、あなたの性格や経歴に合った会社を探すのは難しいと思います。会社にも個性があり、転職し入社してもイメージと違うこともあります。

例えば、結婚式のスタイルでも、従来のウェディング場での結婚式から、ハワイやグアムなどで挙げるリゾート挙式、ローコストで行えるカジュアル挙式など、それぞれの会社によって得意なスタイルは違ってきます。

あなたがウェディングプランナーとして企画したい挙式スタイルと大きくズレていれば、仮に転職ができても、仕事へのモチベーションがダウンしてしまいます。

そこで、それぞれの会社の特徴を細かく把握するために、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは、優良案件が多数で、転職成功の実績とノウハウを豊富に持っています。

ブライダル業界・ウェディングプランナーへの転職の仲介も多数あり、強力なサポートをしてくれますし、自分では絶対に調べる事のできない、会社内部の文化や雰囲気なども知ることができます。

特に、ブライダル業界・ウェディングプランナーに、別の業種から転職を試みようと考えている方は、まず最初に、業界大手の転職エージェントに相談する事をおすすめします。

ブライダル業界・ウェディングプランナーへの転職を目指す皆様、是非、頑張って下さい。応援しています。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする