なんちゃって語学留学なんて意味あるの?ビジネスや転職で英語を活用したければ海外の大学で自らを鍛えるべし! | 大人の転職応援団

なんちゃって語学留学なんて意味あるの?ビジネスや転職で英語を活用したければ海外の大学で自らを鍛えるべし!

日本人は英語が好きなんでしょうか。本屋さんに足を運べば、英単語や英会話などの本が溢れんばかりに積まれています。

イラストや漫画などが、ふんだんに使用されたカジュアルなものから、 TOEICやIELTS に合格するための試験対策用の書籍など、日本人はとても英語の勉強が好きなんだなと感心してしまうぐらい、英語のニーズは大きい。

しかし、実際のビジネスの現場で使用できるレベルの英語となるとどうでしょうか?

電話での不明瞭な英語のヒアリングや、臨機応変にその場面に即したフレーズを即答できるぐらいの語彙力、世界各国の英語訛りや、ネイティブに英語を話せる人のリンキング(二つの単語を繋げて一つの単語として発音すること)などを聞き取れなければならない。

正直に申し上げると、駅前の何とか留学に1年間通っても、ビジネスの現場で使うことができる英語は身に付きません。

スポンサーリンク

この日本国で頻繁に英語を使う機会はありますか?

毎日、英語のシャワーをたっぷり浴びよう。これは、スピードラーニングや駅前留学などで頻繁に使われる定型フレーズだが、毎日1~2時間程度の英語を聞き続けてもほとんど何も変わらない。

その理由は、毎日どれだけ教材で勉強をしても、英語の使用頻度が極端に低いこの日本国に住んでいる限り、本番は永久にやってこないからだ。日本において英語の使用を強制される場面などは、ハッキリ言うと全くない。

日本で迷子になっている外国人に道を尋ねられても、現在は、スマートフォンの GPSナビなどを活用すればすぐに教えることができるし、各交通機関や観光地にいる外国人観光客が使う英語などは簡単な単語程度だ。

実際のビジネス現場で使用される英語は、日常英会話は当然として、専門知識が必要な業界用語や、日本人でもあまり使わない難しい単語が多く出てくる。医療・金融業界など他の業界でも同様だ。

そして、ビジネスの商習慣や交渉術も日本と、英語圏や他のアジア圏ではかなり違ってくる。向こうは、自分が主張したいことは直接的なワードを使って言ってくるし、自分の過ちや負けをなかなか認めない。

中国人にいたってはニコニコしながら平気で嘘をつくし、こちらのネゴシエーションが甘いとまるで聞く耳を持たない。

日本人がビジネス上において、全く違う商習慣を持つ彼らとタフな交渉をしようとする。もし仮に英語が流暢に話せたとしても多くの文化的な相違によって理解不能な場面に遭遇することになるのだ。

したがって、彼らの民族性や文化、通例となっているビジネス習慣、生活や食習慣に至るまで細かく知っていなければ全く使い物にならないのだ。

短期のなんちゃって語学留学をするよりも外国の大学にチャレンジしたほうが良い

やはり、生活環境や文化などは、お手軽な駅前留学で味わうことはできない。1年程度のなんちゃって語学留学なんてものは、海外旅行の延長線上ようなものだ。

そうなると、転職において活用できるレベルの英語を身に付けるにはどうすればいいのか?

答えはシンプルで、単純に海外の大学に入学すればいい、という事である。しかし、欧米などの海外の大学は結構、学費がかかる。たった1年通学するのに、大体100~200万円もする。

しかし、各州で独自性のあるアメリカであれば、学費がかなり安い州も存在し、ぼったくりのような語学学校に通学するよりも断然、費用対効果が高かったりする。

また、現地の大学となると語学学校のように、なんちゃって留学生のじゃぱにーずがおらず、日本語で話せる環境もなく、勉強の邪魔をされることもない。本国のネイティブスピーカー達と一緒に勉強するがことできるのだ。

現地のほとんどの大学生達は大学でしっかりと勉強に励む。日本の大学ほど、遊びに夢中になれる環境は他の国には存在しないだろうと思うくらい、海外の大学は大変厳しく、卒業するためにはかなりの勉強量が必要になってくる。

現地に居住して、現地の人々と同じものを食べ一緒に生活を共にすることで、英語のみならず生活習慣や食習慣、カルチャーを吸収し、プラス海外の大学を卒業したという肩書まで得ることができる。

これらが500万円ほどの投資と、3~4年の勉強期間で手にできるのだから、なんちゃって語学留学に100万円出費するよりも費用対効果は高い。

生涯学習やら、一生に一度の経験やら、聞こえのいい宣伝文句に踊らされてはいけない。

勉強というものは時間をかけてやれば良いというものではなく、3年・4年など、きっちりと期限を決めて覚悟を持ってやらなければ何も身につけることはできないのだ。

九九や、自転車の乗り方など、一度覚えれば決して忘れないのと同じで、英語という言語も、仕事やプライベートで毎日のように使用していれば決して忘れることはない。

英語を使用する仕事を得るためには、海外の大学を卒業して現地の企業に勤務する、あるいは海外の大学の卒業資格を引っさげて日本に凱旋し、日本の外資系企業に自ら身を置いて、鍛えていかなければならないのだ。

お受験用の英語が通用するのは日本だけ

英語力を活かして転職を成功させよう!などというフレーズからは、簡単そうな印象を受けてしまうが、実際のところは、3年・4年という期間の、飽くなき努力とたゆまぬ研鑽の日々があって、はじめてビジネスや転職に使える語学スキルとしての英語を身につける事ができるようになるのだ。

TOEIC何点以上であろうが、ワーキングホリデー・語学留学などの経験が数年あろうが、英語を生涯のスキルにするためには、英語を強制的に使わざるを得ない環境に身を置き続けられる決意と実力が必要である。

それができなければ、せいぜい、ご近所の英語教室の先生が行き着くところであろう。我々日本人は、英語という言語を高校や大学に入学するための手段としてしか使ってこなかった。

そのため、英語を覚えさえすれば転職にも有利になる、などと勘違いしてしまいがちだ。

だが、ビジネスの現場で求められる英語は、英語という言語だけではなく、ビジネスの商習慣を含めた英語圏の文化的理解と相互コミュニケーションなのである。

日本国内で勉強した「じゃぱにーずいんぐりっしゅ」を英語圏の人間とのタフなビジネス交渉に使ってやろうなどというのは、草野球チームのおじさんがメジャーリーグに挑戦するのと同じレベルなのだ。

英語でも他のスキルでもそうだが、転職先で使えるスキルを獲得するには、3年前後は必死で取り組まなければならない。

その決意と行動ができないなら、なんちゃって語学留学や、駅前留学は趣味の範疇と割り切って考えた方が、英語コンプレックスに陥らずに済み、かえって有意義なものになると思う。

英語を活用できる仕事の情報収集に転職エージェントサービスを利用するのもいいと思う。オススメの転職エージェントを紹介しておくので、参考にどうぞ。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする