高卒で就職した若者はなぜフリーターになりやすいのか?高卒の新社会人が会社を3年で退職するワケと次の転職方法とは? | 大人の転職応援団

高卒で就職した若者はなぜフリーターになりやすいのか?高卒の新社会人が会社を3年で退職するワケと次の転職方法とは?

高卒で就職した若者はなぜフリーターになりやすいのか?高卒の新社会人が会社を3年で退職するワケと次の転職方法とは?
高校卒業後すぐに就職した、新卒の社会人が3年以内に会社を辞める離職率は約50%です。

約半数もの高卒の新入社員たちが、3年の間にどんどん退職していき、新卒社会人から抜け出てしまっているのが、今の日本の高卒の雇用状況です。

短期で会社を退職してしまった、いわゆる短期離職者の多くは、非正規雇用の派遣社員やフリーターになります。

なぜなら、いくら若いといっても、最終学歴が「高卒」というのは、今の時代では少し物足りなく、転職活動が難しくなってしまうからです。

スポンサーリンク

高卒の新社会人が会社を退職するワケとは?

高校を卒業してすぐに新社会人になった若者が、短期で会社を退職してしまう理由とは一体何なんでしょうか?

社会人としての経験が浅いのは、大卒の新社会人と同様ですが、最大の理由が、専門学校や大学などに進学し、学生を続けている友達が青春を謳歌して楽しんでいるのに対し、自分は早くに就職し社会の歯車になり退屈な日々を送っているという感覚が出るからです。

大卒の新社会人であれば、同世代の友達も同時期に社会に出ることがほとんどで、会社の文句を言ったり、慰めあったりして同じ悩みを共有することが可能です。

しかし、高卒の場合は、大学や専門学校などに進む人が多く、高卒就職組は今の時代少数派なので孤独感を感じてしまう人が多いです。

学生の頃と違って、安定した年間休日数や長期休暇などもさほどなく、少ないところだと土・日曜だけしか休日はもらえません。

高校卒業者の就職先として多い、現場作業系や製造業、販売職・サービス業などであれば、平日休みや土日出勤などは普通です。

そして、同世代での仕事も多いアルバイトとは違って、年齢が倍以上あるような中高年世代と一緒に仕事をすることもあり、不慣れな会話やコミュニケーションによりかなり強いストレスを感じてしまいます。

就職し正社員として会社勤めをするようになって、社会で働くことの辛さを感じるのは高卒者も大卒者も同様ですが、最もキツイのは、まだ学生を続けている友達との価値観の相違だと思います。

正社員として社会で働くことの厳しさをわかっていれば、「仕事してる社会人はたっぷり金持ってていいよなぁ」などとは言えませんし、楽なアルバイトの経験しかない学生と正社員では理解し合えない壁があります。

ただ唯一、同じ年頃の同期の存在があれば、まだ耐えていけますが、同世代の人は上に書いたような理由で離職してしまうので、同期が会社を辞めてしまうと影響を受けて自分も辞める…というように、かえって離職する流れで影響を受けてしまう事もあります。

派遣社員やフリーターの方が同じ年頃の仲間も多く休みも自由に取れる!

ハッキリ言うと、高卒の新社会人がもらえる給料の額はかなり低いです。社会保険や厚生年金などはありますが、それらを引くと手取り額は20万円に届かないことがほとんどです。

社会人経験を持たない高卒の新社会人の若者は、「派遣社員やフリーターの方が仕事も楽だし使える給料も多いから羨ましい」と勘違いを起こしてしまいます。

また、他の会社に転職しようと思っても、大学卒業者のように求人の選択肢が多いというわけでもありませんし、フルタイムの労働時間にもウンザリしてきている事が多いようです。

その結果、友達と一晩中遊びたい!恋人とデートする時間を確保したい!という目先の楽しさや快楽の方を選択し、大事な職務経歴を汚してでもフリーターになってしまうのです。

高校を卒業したばかりの新社会人にとってフリーターが一番気楽で楽しい

まだ10代の高卒の新社会人にとっては、あらゆることを自由に選択できるフリーターは最も気楽で楽しい状態です。職場の人間とソリが合わなければ会社を辞めればいいし、一緒に働く仲間は同じ年代の人がほとんど。

職権乱用して弾圧してくる直属の上司も、鬱陶しい飲みニケーションやプライベートの付き合いもありません。

仕事の責任も限定的で、働く時間もコントロール可能です。しかも、頑張って働く時間を増やせば、就職していた頃と同じぐらい稼ぐこともできます。

こんなに気楽で最高な働き方があるでしょうか?もし、ずっと年を取らず10代のままで居続けられるなら、誰しもが自由なフリーターという働き方を選ぶと思います。

しかし、結局はジリ貧になり最後は追い詰められる

残念ですが、そのようなお気楽な働き方が通じるのは20代の中盤あたりまでで、20代も後半に差し掛かってくると、段々周囲の同世代の人たちも正社員になり、焦りが出始めます。

フリーターという働き方が気楽で楽しいのは、20代の前半までで、そこから先は悲壮感や劣等感、焦燥感などに襲われることになります。

しかし、いざ転職先を探して就職しようにも、最終学歴が「高卒」と、職務経歴がフリーターという肩書きが足を引っ張り、特に職務経歴を持っていない社会人として転職活動を行っていかなければなりません。

年齢も25歳を超えてくると、大卒の社会人たちも「第二新卒」という肩書きで転職戦線に参入してくるため、数年の就職期間で短期離職をしてしまった職務経歴をほとんど持たない高卒フリーターの人は、非常に厳しいポジションに置かれていることになります。

まだ20代であれば挽回も可能

肩書きが高卒フリーターであると、転職活動で非常に苦戦します。ですが、これといった職務経歴を持っていなくても、若さ(時間)という最終兵器はまだ所有しています。

なんの経験や資格が無くても、20代の若者を欲しがっている中小企業はたくさんあり、そこに上手く滑り込む必要があります。

なんの計画性もなくフリーターというぬるま湯に浸かっているのは最悪で、30歳を超えてしまうと急に求人の幅は狭くなってしまいます。

そのような場合は、個人で自営業やフリーランスを始めたり、タクシードライバーなどの職歴無しでも採用されやすい業界に入ることになります。

確かなのは、昇進もボーナスもない不安定なフリーターを続けていくのは非常にリスキーだということです。

自営業での仕事を始めるなり、職歴無しでも働かしてくれる業界に入るなりして、とにかく食べていけるぐらいに生活を安定させることが重要です。

自分の能力や特性に合った会社に就職する方法とは?

高卒の社会人がフリーターになってしまった場合、正社員としてすぐに社会復帰し活躍できるかと言うとそう簡単ではありません。

そこで、次の勤務先では、自分の能力や特性にマッチした会社を正しく選択するために転職エージェントの活用をおすすめしたいと思います。

転職活動では多くのパワーを必要とします。履歴書・エントリーシートの作成や、求人情報のリサーチやチェックなど、やることがたくさんあります。転職エージェントは面倒くさい、それらの事務的な作業を手伝ってくれます。

あなたと面談をして、話をしっかりと聞いてくれて、あなたの希望条件にあった求人案件や会社を見つけてくれますし、あやしいブラック企業などを除外して条件の良い優良会社だけを探してきてくれます。

最近では、20代中心の求人案件を専門的に取り扱う転職エージェントも出てきており、そのような転職エージェントを活用すると、たとえ高卒の短期離職の職務経歴であったとしても内定を取りやすくなっています。

若手の人材や、未経験で初心者 OK の求人案件にも対応しているので、若手をゼロから育成したい、若手の人材に来てほしいと思っている会社の求人を見つけることが可能です。

人材を使い潰して切り捨てるブラック企業や、即戦力人材を欲しがっている会社の求人を避けることによって、効果的な転職活動を行っていくことができます。

転職や就職のプロのアドバイザーであるエージェントが、求人募集をかけている会社をしっかりと審査しているので、求人案件の質が高くなっています。

一般的な総合求人サイトなどは、いい企業も悪い企業も一緒くたに掲載されているので判断がつきづらいです。

求職者と、求人募集をかけている企業との間に、エージェントが立って仲介役になることにより、企業のレベルや質の判断を安心して任せることが可能になってきます。

おすすめの転職エージェントを下記で紹介しておきます。参考にしてください。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする