営業職を辞めて転職したほうがいい?営業職に就いてはいけない人の性格傾向とは? | 大人の転職応援団

営業職を辞めて転職したほうがいい?営業職に就いてはいけない人の性格傾向とは?

文系の学生が始めに選びがちな職種として「営業職」がありますが、営業という仕事は文系人間の誰しもができるわけではありません。

やはり職業には適正というものがあるので、文系出身であれば、まずは営業からスタート、というズレた認識がたくさんのミスマッチを生む要因となっているのです。

そもそも営業職に向いている人と、そうでない人との性格的な違いとは一体どのようなものなのか。そして、営業職に限らず、文系出身者が活躍できる職業にはどのような種類があるのか。そのあたりを見ていきましょう。

スポンサーリンク

人を避けがちな人見知りは営業職に就いてはいけない

営業職に向いていない性格的な特性として「人見知り」があります。

口数が少なくても真摯な性格であれば悪い印象を持たれませんが、真性の人見知りは、人との会話やアイコンタクトさえも避ける傾向があり、営業職のキモでもある人脈を作ることができません。

人脈を構築するために送り込まれるのが営業部隊といっても言い過ぎではなく、言動による意思疎通が必要な職種です。

人見知りの特徴が強い人だと、巡ってきた交流のチャンスも上手に活用できず、初対面の人とたくさん会話をしなければならない営業職にはそもそも向いていません。

私もコミュニケーションが苦手な人見知りの特徴を持っている人間で、少しだけ営業をしたことがありますが、連日、初対面の人と会話をして、場を盛り上げつつ商談を進めていくのは凄まじいストレスでした。

活発で陽気な人間に見せるため、作り笑顔の練習をしたり、会話の幅を広げるために、やりたくもないスポーツをしたり、色々なイベントに出かけたりして、とにかく大変で疲れました。

人が好き、人と会うのが好き、人と会話をするのが好き、などの性格を持っていないと、営業職という仕事は続けられるものではありません。

プライドが異常に高く頑固な人に営業職は務まらない

プライドが過度に高すぎる人も、営業職を続けることはできないでしょう。営業職で一番大事なことはプライドではなく売上です。シュチュエーションによっては、プライドを捨ててまで契約を取りに行くのが営業職です。

ベテランの営業マンは頭を下げるのも仕事のうちであるとドライに考えていますが、頭を下げる事がなかなかできない頑固でプライドの高い人間には営業は務まらないでしょう。

そして、時には上司におべっかを使ったり、トラブルがあった時、上手に解決できたりするなどの柔軟性が必要となります。自己主張が強く誰の意見も聞かない傲慢なタイプの人間は、営業職には全くの不向きです。

このような性格の特徴を持っている人が、文系といえば営業でしょう!と簡単に考えてしまうと、営業職として仕事を始めた時に大変な苦労をすることになるでしょう。

残業代を稼ぐよりも定時帰宅を優先する

営業職は時間が不規則で残業がたくさんある分、給料がとても多く出世の階段を上るのが早い人もいます。しかし、そのような金銭面での恩恵を受けることにそれほど関心がない人にとっては、なかなか厳しい職種と言えるでしょう。

実際、営業職に就くと定時帰宅する事はほぼ無理で、接待のタイミングによっては土・日出勤が続くこともあります。営業職という特性上、簡単に代わりの人材を当てがう事もできない職種になるので、休みも思い通りに取ることはできません。

また、お酒がほとんど飲めない下戸の人も、営業職を続けていくことは難しいでしょう。この時代になっても、飲みの席で接待や商談を進める業界はたくさんあるのです。

文系出身が就職できる営業職ではない職種はどのようなものがあるか?

文系が就ける営業職ではない職業では、生産・品質・在庫管理などの管理部門が挙げられます。事務職となると、ほとんどが女性の世界になっているので、男性がその中に入るのは難しいでしょう。

したがって、営業職ではない職種に就きたければ、このような管理部門に焦点を絞るのもいいと思います。それでも事務職に就職したければ、貿易関係や会計などの専門性が求められる事務職が一番いい選択だと思います。

英語など複数の言語を使いこなせたら、専門性の高い事務職に就くことができます。しかし、男性が一般事務に就職しようとしてもなかなか厳しい狭き門になっています。

その他、 IT 系などは理系のイメージですが、文系出身でも S E などに就職できますし、プログラミング言語は型さえ覚えてしまえば、文系であっても十分に対応することが可能です。

そして、 IT 系企業の中でも、 WEB コンテンツ制作などの会社であれば比較的、入社もしやすいので、プログラミングはちょっと…という人でも、ディレクション側の人材( WEB ディレクター)として採用される事もあります。

ディレクション( WEB ディレクター)の仕事とは何かというと、まず企画書を作成し、 WEB デザイナーやプログラマー・ライター達の能力を連結させ、質の高い製品を効率的に作らせることです。

その他の職業では、工場勤務などもありますが、1人で同じことを黙々と続けられる職人的な気質が必須で、営業職が続けられない…という人には合っていますが、大卒や高学歴だと逆に採用されないこともあります。

しかし、全く学歴を不問としている工場などもあるので、大手の会社を狙うよりも中小企業に絞って就職及び転職活動を行っていきましょう。

どのような職業でも学び続けないと仕事力は向上しない

営業職であろうか別の職種であろうが、学ぶ→実行が伴わなければ、仕事のポテンシャルは向上しません。自社のサービスや商品の知識、業務や業界の動向、仕事の効率的な進め方などを学んで吸収し続けなければ仕事力はつきません。

仕事を押し付けられがちな人は、周りの人に仕事を振るスキルを覚えなければ自分がパンクしてしまいます。実際のところ職業にはハッキリと向き不向き、つまり相性があるのです。

頑張れると思ったけど自分には全く合わなかった…と感じているのであれば、ダラダラと惰性で時を過ごすのではなく、早々に転職活動を始めて新しい仕事を見つけるのが最善だと思います。

自分と相性が合っていない仕事に対し継続した努力を行っても、何も自分の資産として残ることはありませんし、何よりイライラしてストレスが溜まります。へたに会社内での地位が上がってしまうと、別の職業への転職を躊躇してしまいます。

新卒で入社して働いた会社が全く合わなかった、というのは仕方ないですが、できれば30歳前後で自分の特性や能力にマッチした職業を決定し、早い段階で転職活動を行いキャリアアップを図っていきましょう。

営業職で培ってきた営業スキルは、別の職業や業界でも、また違った形で活用できるので、営業職を辞めて別の職種に転職することは十分にできることなのです。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする