焦りの就職活動は失敗の元。「どこでもいいから内定が欲しい」そんな人材を企業が欲しがらない理由とは? | 大人の転職応援団

焦りの就職活動は失敗の元。「どこでもいいから内定が欲しい」そんな人材を企業が欲しがらない理由とは?

崖っぷちに追い込まれて、もうどんな会社でもいいから、「とりあえず」内定をもらって就職したい。そのように考えてしまう就活生も割と多いと思います。

社会の中で自分が会社に勤めている姿が想像ができず、どこに向かって進んでいけばいいのか、全然分からない状態で大学4年生になってしまい、周りと同じような何となくの就職活動を行っている人がとても多くいます。

職業選択の自由が確保され、あまりにも選択肢が多い日本であるからこそ生じてしまう贅沢な悩みですが、就活生当人にとっては、なかなか頭を悩ませる問題です。

しかし、このような「とりあえず感」が出てしまっているような就職活動を行っていては、スムーズに内定を取るところまではいけません。2次面接をクリアし、最終面接までなんとかたどり着くものの、最後はなぜか紙一重の差で断られてしまう。

なぜこのような、就職活動に対して「とりあえず感」が滲み出ている、こだわりなしの就活生は、会社側から全く好まれないのでしょうか?

スポンサーリンク

新卒の就活生はどこを見られているのか?それは情熱と目標です

新卒採用の面接の際に、会社の採用担当者が一番チェックするポイントはどこだと思いますか?

学歴や言動、社会人としての礼儀作法など、当然、基本的な部分はチェックしますが、一番重点的に見られるのが「この人はうちの会社で長期間勤務してくれるだろうか?」という部分です。

大学卒業者であっても、就職してから3年以内の離職率が30%となっている昨今、企業側としても少しでも離職率を低下させようと各業界も頑張っていて、採用する際の面接基準のノウハウの改善を常に行っています。

現在は、就職・転職のノウハウ本やマニュアル本が多数刊行されており、特に特徴のない人でも、有能な人材として演じる事ができるようになりました。

しかしその反面、本当に情熱と目標を持っている人材との選別が難しくなってきています。

情熱や、その会社を通して達成させたい目標設定はとても重要です。情熱と目標を持っていれば、予期せぬ問題が頻発しても解決していくことが可能ですし、そのような人材は離職率も低いからです。

したがって、労働条件がソコソコで、すぐに内定をくれるんだったらどこでもいい、という感覚で就職活動を行っている就活生は、会社側から見ると、あまりポジティブな印象を受けないという事です。

もし採用したとしても、補欠採用的な後回しの人材になるので、当然、内定率は下がります。

会社は自分で考えて行動できる有能な人材を欲しがっています。仕事に対して受動的な指示待ち人間が高く評価されないように、情熱や目標が見えない人材を好意的には見ません。

日本が好景気だった頃は、社交性がありコミュニケーション能力が高い人材を好んで採用していましたが、現在では、試行錯誤しながらも「自分で考えて行動できる人材」を求めている会社が多くなってきています。

会社の商品や業界への興味を示すことが大事

例を挙げると、工業用ゴムの製造会社に就職する際、ほとんど工業用のゴム製品に興味を持っていなくても、

「トラックのタイヤが空気圧のメンテナンス不足で破裂し、ケガ人が出た事故のニュースを見て、破裂しにくいゴム素材のタイヤは作れないのかなと思い、こちらの業界に興味を持ちました。」

というような、とってつけたような志望動機でも大丈夫です。

ニッチ産業で勝負している会社からすれば、普通の学生がマニアックな製品に強い興味・関心を持っていないことは理解しています。

しかし、どんな内容であっても、少しくらいは興味があるという所を見せると、会社側としても好意的に見てくれることがあります。

決して、ゴムの知識習得に日夜励んで、プロのゴムオタクを目指す必要はないのです。

会社を通じて社会貢献したい→ゴムの事故を見て解決策はないか?と考えた→ゴム素材や業界に興味を持った

といった感じで、うまく繋げていけば、それほど実生活では意識することのない、工業用ゴム製品の会社の志望動機もスムーズに書くことができるでしょう。

まずは少なからずの興味から少しずつ広げていって、会社の商品や業界への関心へと線を繋げていくことが突破口になります。

マニアックな商品やニッチな素材であっても、それを作っているのは企業である

ゴムタイヤやホイール、 LED から研磨用タイヤモンドなど、どれほどニッチな製品であっても、それを専門に扱っている製造会社が必ず存在します。

内定を取れればそれでいい、早く就職したい…と焦っている人は、自分が日常生活でよく使っている製品の会社名などを見て、 Google でホームページなどを探してリサーチするところからスタートしましょう。

右も左も分からないまま、やみくもに就職活動を非効率に行うよりもずっといいと思いますよ。

就職活動を行っていく上での基本的な考え方とスタンスは以上になります。

もし、誰かに相談に乗ってもらいながら就職活動を進めたいのであれば、転職エージェントをおすすめします。下におすすめのエージェントサービスを紹介しておきますので、参考にしてください。[dfads params=’groups=4&limit=1′]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする