ブランドネームや知名度がある大企業だからといってホワイト企業とは限らない。成果主義の外資系企業の方が待遇が上のこともある | 大人の転職応援団

ブランドネームや知名度がある大企業だからといってホワイト企業とは限らない。成果主義の外資系企業の方が待遇が上のこともある

ブランドネームや知名度がある大企業だからといってホワイト企業とは限らない。成果主義の外資系企業の方が待遇が上のこともある

あなたが頑張って転職活動を行っていて、誰もが羨むような大手の有名企業から内定がもらえたらどうしますか?おそらくほとんどの人が喜んで入社するでしょう。

しかし、有名な大企業だからといって、万人にとって素晴らしく働きやすい労働環境とは限りません。

日本には会社としての経済規模が大きく、外側からは優良な会社に見えても、実際はカルト宗教的であったり、強烈な体育会系で上下関係がガチガチの縦社会であったり、サービス残業は当然のブラック企業が存在します。

働き方が多様化したこの時代、一番、重要視すべきなのは働きやすさです。有名な大企業であっても、なぜ働きづらい労働環境が存在するのでしょうか?その詳細について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

企業が労働基準法を違反しても罰則が弱く 労働者の立場も弱い

日本の企業に比べて、世界に存在する大企業のブラック会社のレベルがどれくらいかは分かりませんが、労働法がしっかりと機能している国の大企業では、多くの労働者の権利は保護されています。

しかし、日本の場合、どれほど有名な大企業であっても労働者の権利は決して保護されているとは言えず、ほとんどの会社の労働組合も実際は力を持っていません。

長時間労働や過労死などの問題も、介護や外食業界などのブラック色が強い業界だけでなく、大企業の技術職にまで影響が出てきています。

大企業に入社できれば安定した幸せが手に入る、という形態はもう成立しなくなっています。大企業の代表格であるマクドナルドも衛生問題や異物混入トラブルが噴出し、大きな損失を出しました。

また、過去にマクドナルドは過酷な長時間労働による店長の過労死裁判の訴訟を起こされたこともあります。

こちらも大企業の代表格の一つであるユニクロも、長時間労働などの激務が問題になったことがあり、離職率が高い会社に挙げられるほどになってしまっています。

IT 企業であるソフトバンクは、幹部社員の多くをヘッドハンティングで獲得しており、本部勤務に生え抜きとしてキャリアアップできるのは、100人に1人と言われていて、中間管理職にいたっては上からプレッシャー、下からの突き上げのサンドイッチ状態で非常に多忙です。

会社のブランド名や知名度ではなく働いてる人を観察しよう

その企業の善し悪しを判断するためのポイントとして良く使われているのが、その会社に勤務している社員の目に力強さがあるか、あるいは死んだ魚の目のような雰囲気を醸し出しているかで、ホワイト企業かブラック企業かを見極めようというものがあります。

いわゆるブラック企業で働いている社員達は、完全に目が死んでどんよりとしており、顔も無表情で誰とも目を合わせないような感じなので簡単にわかると思います。

大企業は、その知名度とブランドネームによって覆い隠されているだけで、本当に社員が働きやすいホワイトな環境かどうかは、中で勤務してみないと見えてきません。

ですので、有名な大企業から内定をもらったからといって、しっかりとリサーチもせず会社に入るのはとても危ないことです。

調べられる範囲で、会社の口コミ情報サイトや掲示板などを使ってできるだけたくさんの情報を細かく拾い集めて下さい。悪い口コミがたくさん噴出している会社は、何らかの問題を抱えているのかもしれません。

日本国内に進出したばかりの外資系企業が狙い目

日本国内においての外資系企業のイメージというと、高学歴で高収入、過酷なノルマや成果主義が基本で、英語を流暢に話せる人材しか入社できないといった感じだと思います。

しかし、日本に進出してきた外資系企業は、そのようなステレオタイプのイメージの企業ばかりではなく、世界中に拠点を置いている外資系企業でありながら、日本での規模はまだ小さい、といったグローバル企業も存在しています。

このようなグローバルな外資系企業で働くメリットは、労務管理がかなりキッチリしているという所です。例えば、ドイツ企業などでは、ドイツ本国の法律が労働者保護の観点で作られていますから、もちろん日本支社でも厳守します。

そして、外国企業の日本支社で勤務する外資系社員達の多くは、海外勤務や海外留学を経験し、国際的な感覚を身につけている人が多いので、日本の奇妙な労働倫理に毒されていない人がほとんどです。

「退勤のタイムカード押してからまた現場に戻って来い!」

「有給なんて取れるわけないだろ!甘えたことをぬかすな!」

と真顔で絶叫するポンコツ上司もいないので、実際のところ、国内で大企業と呼ばれている会社よりも労働環境や待遇はずっと良好だったりします。

外資系企業も選択肢に含めると可能性が広がる

転職活動において重要なことは、自分が希望する条件を満たした会社の情報をたくさん集め比較し、一番自分にマッチするものを見極めることです。

知名度もブランドネームもあり、 CM でも見かける大企業だから働きやすいに違いない、という上辺のイメージだけで自分が働く会社を決定してしまうのは非常に危ない選び方です。

転職回数の頻度や、職務経歴の内容が重要視される日本独自の採用基準があるからこそ、数少ないチャンスをしっかり掴むようにしていきましょう。

外資系企業に興味があって転職を希望しているなら、自分に合った会社を転職エージェントと相談しながら見つけていくのが最も効率的です。

転職希望者は転職エージェントを有効活用しよう

転職が初めての場合、特に20~30代の若い人の場合は転職といっても何をすればいいのかわからず、また激務なブラック企業に入ってしまうのではないか、と不安になることが多いと思います。

そこで、オススメなのが転職エージェントの利用です。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

転職はたくさんのエネルギーを消費します。履歴書の作成や、求人の検索など細々とした面倒な作業が多く、会社に応募する前から疲れてしまいます。転職エージェントは無料でそれらの手間を省いてくれます。

あなたと面談をして、希望条件にあった求人を探してきてくれますし、職務経歴書やエントリーシートの作成アドバイスもしてくれるので、孤独に転職活動をするよりずっと楽に進めることができます。

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

転職エージェントは会社に在職中でも離職後でも相談に乗ってくれます。まずは気軽に相談してみましょう。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする