「優良」中小ホワイト企業の見つけ方ーハローワーク編 | 大人の転職応援団

「優良」中小ホワイト企業の見つけ方ーハローワーク編

ハローワークは無料で求人情報が出せるので、中小零細のワンマン家族経営の求人や、労働基準法無視のブラック企業の求人、残業代なしの名ばかり管理職、年間休日100日以下の激務求人など、グレーゾーン求人が多いという印象を持っている人もいると思います。

しかし「マイナビ転職やリクナビNEXTなどの転職サイトは業界大手だし、膨大な広告宣伝費も使っているし絶対安全でしょう!」と大手転職サイトに完全依存してはいけません。

大手転職サイトは採用のハードルが結構高い

大手転職サイトを利用して、求人募集を出稿するという事は、企業側は、相応の採用コストを支払っているという事になります。

新卒の採用とは違って、中途採用枠はほとんどの場合1~2名という狭き門なので、採用される難易度がかなり高くなります。

特定のスキルがある業界経験者であっても不採用になる事も多く、競争率は10倍以上のものが多く見受けられます。

そして、中小零細企業で昔気質な会社や、ホワイト企業だが100万以上の採用コストを支払いたくない会社は、大手転職サイトを活用しないので、隠れているホワイト求人を見つけることが出来ない事が多くあります。

その一方で、ハローワークにはホワイト系中小企業の募集も中には存在するので、競争率もかなり低いホワイト企業の内定を、何の苦労もなくスムーズに貰えたりする事もあります。

ハッキリ言ってしまうと、ハローワークの職員さんは、仕事をテキパキやる人と、ダラダラしかしない人の差が激しいですね。

大手の転職サイトの会社ほどの、細やかなサポートを期待してはいけません。

ハローワークが出す求人に応募するためには、紹介状が必須だったり、色々と煩わしい手続きがありますが、時に、見過ごされた純ホワイト企業の求人が、ハローワークにはひっそりとあったりします。

スポンサーリンク

新しくスタートする営業所や新工場の求人募集が狙い目

新しい営業所を作ったり、新規工場をスタートさせる会社は、業績的に右肩上がりと見ていいでしょう。

もちろん、会社の規模を大きくし、利益の最大化を狙うわけですから、新しく営業所や工場を作る際に、営業マン・事務職員・技術者や工員を雇おうとします。

しかし、100人未満ぐらいの中小企業は、大手転職サイトに求人募集を出稿するなどの採用コストをかけられないので、低コストですぐに人材を集められるハローワークを利用することが多くなります。

その時に、タイミングよく面接を受けに来た求職者が、企業側が求めるスキルを持っていれば、すぐに採用になる事が多いです。

このような急な求人募集の場合は、募集時期と求職のタイミングが重要であり、競争率も格段に低かったりするため、大手の転職サイトよりも早くて良い内定を取る事ができます。

低スペックのライバル求職者が多く勝算は高い

ハローワークを利用したことがある方はわかると思いますが、ハローワークには、ただ何となく来ている人や、ちゃんとした履歴書も書けない人、挙動不審な人などがそこそこいます。

そんな彼らが、コントラスト(対比)効果で自然と引き立て役になってくれて、こちらの内定のバックアップをしてくれることもあります。

大手転職サイトではライバル転職者がハイスペックであったり、企業が採用コストをかけているため、採用側も人材を選り好みします。

しかし、求人の掲載が無料のハローワークでは、企業側は人材の選別を、大手転職サイトほど厳しく行うことはありません。

例え、応募職種が未経験の初心者であっても、ヤル気さえあれば内定を得ることがあり、異業種からの転職も十分に可能です。

優良ホワイトの会社を探し出す方法

優良ホワイトの会社をハローワークで探し出すポイントは、「完全週休二日制」かどうか、そして「年間の休日日数」を見ることです。

年間休日が120日以上あれば、まずは合格です。この基準をクリアしていれば、土日祝日・大型連休・盆正月など、一般的なカレンダー通りに休む事が出来ます。

飲食店やサービス業の場合は平日が休みになりますが、年間休日120日ぐらいが、ごく普通の会社の休日日数だと考えてください。

給与は、ボーナス(賞与)の欄をチェック。2ヶ月以上であれば、一応セーフとします。4ヶ月以上のボーナスが出る会社は、ホワイト企業の部類に入ります。

会社の規模が中小なのにボーナスが4ヶ月以上出るのは、親会社がしっかりしていると見ることが出来ます。

そして、是非ともチェックして見ておいてほしいのは、企業のWebサイトです。

企業のWebサイトを閲覧すると、会社概要や企業理念、取り扱っている商品やサービスなどを確認することが出来ます。

ハローワークの求人票で見られるのは、契約条件などの文字情報だけなので、企業がWeb上に公開しているサイトを閲覧することによって、より細かな企業情報を得ることが出来ます。

企業のWebサイトを閲覧し会社内部の情報を確認しておくと、志望動機を書く時や、面接での自己PRの時などに有利になってくるので、必ず確認しておきましょう。

Webサイトを見る時は、その会社の主力商品を確認して下さい。組織規模が中小企業であっても、特許権などを所有していれば、隠れた優良ホワイト企業の可能性があります。

同じく、主要な取引先の欄もチェックしておきましょう。取引先に大手企業の名前があれば、堅牢な財政基盤を持っている可能性があります。

経営者や役員幹部の欄に、違う名前が並んでいるのかも確認しておきましょう。同じ苗字が連続で並んでいる場合は、創業者一族で会社を牛耳っている可能性が高く、家族経営の典型的なパターンです。

家族経営の会社は、かなり当たり外れの要素が強く、選択はギャンブル的になります。私も家族経営の会社で働いた事がありますが、個人的経験で言うとハズレでした。非常にワンマンで抑圧的な雰囲気が会社に充満していました。

見抜くのが困難なのが、その会社に勤務している人から発せられる雰囲気です。ヒントになるのが、面接担当者の態度や言葉遣い、そして周りで働いている人の働き方や視線などです。

経営者と側近の管理職だけが、やたら声がデカく元気だったり、従業員の目が死んだ魚のようであったりする場合は、地雷ブラック企業の可能性があります。

ワンマン経営者が絶対王政を敷いており、募集の求人要項に書いていた内容と、実際の条件に大きく乖離があったりします。

以上のような内容をチェックしながら、ハローワークで優良ホワイトの会社を探し出していきましょう。

また、ハローワークの求人票は、一週間ほどの間隔で変わっていく事が多いので、求職中はハローワークに足繁く通った方が、まだ気づかれていないホワイト求人を見つける確率も上がりますよ。

ハローワークからホワイト企業への転職成功例は実は少ない

知り合いの女性で、ハローワークを使って求人情報を調べ転職活動を行い、低賃金でサービス残業強制のブラック企業から、定時上がり、人間関係良好の一般職に転職成功した人もいます。

しかし、このような「おいしい」優良求人案件がハローワークに掲載される事はあまりなく、運良く掲載されても、人気求人案件として求職者が一気に集中し取り合いになります。

ハイスペックな人も集まりやすく、競争率も上昇してしまうので、その様な案件ばかりを攻めてしまうのは非効率なので、あまりおすすめは出来ません。

優良求人案件は、数多くのブラック企業の求人案件に覆い隠される事も多いため、いい人材を採用したい企業は、あまりハローワークを活用しないという動きも出てきています。

20代や30代の転職は、転職エージェントの活用も有り

20代や30代で、ホワイト企業への転職や就職を考えているのであれば、プロの転職エージェント(仲介・代理人)の活用がおすすめです。

最初の方に「マイナビ転職やリクナビNEXTなどの大手転職サイトは採用のハードルが結構高い」と書きましたが、転職エージェントはそれらのサービスとは一線を画します。

プロの転職エージェントが、転職希望者が求める条件にマッチした優良求人案件を探し出してくれるので、求職者が内定を取れる確率は格段に上がります。

ハローワークなどでは、自分で求人情報を調査して決定をしなければなりませんが、転職エージェントにお願いすると、エージェントが質の低いブラック企業などをふるいにかけてくれるので非常に楽です。

自分が求める給与条件や仕事内容をエージェントに伝えておけば、ハローワークで数少ないホワイト求人を取り合ったり、ただ待っていたりする必要はありません。

転職エージェントと聞くと、外資系企業などの高収入層や、ヘッドハンティングなどをイメージされるかもしれません。

しかし、現在の転職エージェントは、若い労働力を確保したい企業の要望もあり、20代の若年層、30代の中途採用を強力にバックアップする転職エージェントが増加してきています。

転職活動をスムーズに進めるためにも、エージェントを活用するのが転職への近道だと思います。その中でも、おすすめのプロの転職エージェントを下記で紹介します。 

転職希望者は転職エージェントを有効活用しよう

転職が初めての場合、特に20~30代の若い人の場合は転職といっても何をすればいいのかわからず、また激務なブラック企業に入ってしまうのではないか、と不安になることが多いと思います。

そこで、オススメなのが転職エージェントの利用です。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

転職はたくさんのエネルギーを消費します。履歴書の作成や、求人の検索など細々とした面倒な作業が多く、会社に応募する前から疲れてしまいます。転職エージェントは無料でそれらの手間を省いてくれます。

あなたと面談をして、希望条件にあった求人を探してきてくれますし、職務経歴書やエントリーシートの作成アドバイスもしてくれるので、孤独に転職活動をするよりずっと楽に進めることができます。

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

転職エージェントは会社に在職中でも離職後でも相談に乗ってくれます。まずは気軽に相談してみましょう。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする