多様化する寿司職人の働き方と月収とは?腕さえあれば海外でも働くことができる! | 大人の転職応援団

多様化する寿司職人の働き方と月収とは?腕さえあれば海外でも働くことができる!

多様化する寿司職人の働き方と月収とは?腕さえあれば海外でも働くことができる!
日本の食文化を代表する食べ物、寿司。それを作る人が寿司職人ですが、一人前の寿司職人になるには、とても厳しい下積みを積まなければならない、という印象を持ってる人は多いと思います。

実際、下積みの修行時代は安月給でこき使われますが、一人前の寿司職人として独立し自分の店を構えることができれば、高い収入を得ることも可能です。

そして現在、寿司職人は日本だけでなく海外でも需要があり、独立していきなり海外に出店する人がいるなど、寿司職人としての働き方もかなり多様化してきています。

日本の伝統食「寿司」を握る、現代日本の寿司職人たちの年収や働き方は、どのように変化してきているのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

寿司職人になるためには、どのようなルートがあるのか?

寿司職人になるためのルートとして、既存の寿司屋に弟子入り修行をさせてもらうか、寿司職人になるための学校に入り、それから寿司屋に就職するというものがあります。

就職先は回転寿司や個人店だけではなく、現在は、高級志向の寿司屋も全国に店舗拡大を行っているので、それらも含めると働き口は色々と多様化してきているようです。

しかし、男社会である昔ながらの職人の世界は徒弟関係もあるので大変厳しく、寿司屋に就職すると、特に下積み時代は早朝からほぼ夜中まで働かされる事になります。

修行時代は給料も安月給であり、職人の世界の悪しき風習?である「仕事は見て盗め」という非効率なやり方をいまだに行っている寿司屋も存在するので、初期の頃はかなり苦労すると思います。

特に、寿司職人になるための学校を出たばかりの人は、現代のマニュアル・効率化された働き方と、職人の世界とのギャップにカルチャーショックを受けるようで、入店して数年以内の離職率はかなり高くなっています。

もちろん、現在はパワハラなどの暴力的な言動に注意を払い、研修制度などを設けている会社もあるので、そのような組織としてのマネージメントをしっかりとしている会社は離職率も低いようです。

就職口は日本国外を想定することもできる

日本だけではなく、もはや海外でも定番の人気メニューとなっている寿司。その寿司を握ることができる技術を持った寿司職人の需要は確かにあります。ニューヨークの寿司レストランや豪華客船の中でも振る舞われるほどの人気ぶりです。

しかし、海外のほとんどの寿司屋は、中国・韓国・東南アジア系の「パクリ創作寿司」が多くを占めますので、日本で修行を積んだ寿司職人であれば、海外の寿司市場では需要のある優秀な人材といえるでしょう。

日本人が海外で働くハンディキャップとして、やはり英語のハードルを越えなければなりませんが、それさえ、何とかクリアできれば、給与などの待遇や労働条件などはいいので、国際的な舞台で仕事をすることができるようになります。

寿司職人はどれくらい稼げるの?

下積みの修業時代の年収は約200万~300万円ほどです。全国規模で展開している回転ずしなどのチェーン店では、給与や福利厚生はしっかりとしています。

個人で運営している寿司屋などは、店舗によって給与基準がバラバラなので一概には言えませんが、概ね給料は低いようです。

しかし、大手チェーン店で就職、あるいは個人の寿司屋で修行、のどちらにしても、最終的に独立しないことには年収で400万円を超えることは、ほぼ無いと言っていいでしょう。

独立開業して店舗をうまく運営できれば、年収1000万円を稼ぎ出すことも可能ですが、実際は寿司職人としての腕が良いだけでは店は繁盛しません。

店の宣伝方法や、新鮮なネタの目利き、各業者との交渉、財務管理など、経営者としての能力も含めて考えると、寿司職人として一人前になるためには、5年~10年ほどの勉強期間が最低でも必要になってきます。

海外の寿司屋で働いた場合の給料でいうと、どこの国で働くかにもよりますが、だいたい月給で30~40万円ぐらいは稼げるようです。

意外と日本の悪い労働環境より良かったりすることもあり、労働者の権利がちゃんと守られている国もあります。英語などの外国語も同時に身に付けることができるので、海外で勝負してみようという寿司職人も少しずつ増加しています。

寿司職人として勝負する!寿司屋を開店する!という決意がないと続けられない

寿司職人を育成する専門の寿司学校が存在しますが、寿司屋に就職した後の離職率はなんと50%を超えており、半分以上の人は寿司職人を続けられずに辞めていくようです。

その理由として、寿司学校の講師の丁寧で分かりやすい教え方と、現場の寿司職人の先輩から受ける教育とでは、とても大きな隔たりがある、ということを示唆しています。

寿司職人以外でも、一般的に職人といわれる世界の住人は体育会系であり、先輩後輩の縛りがとてもきつく、おまけに言動も非常に荒いことが多いようです。

特に飲食関係は、不規則な労働時間や急な呼び出し・長時間労働など、過度なストレスを受けることが多く、離職率を低下させるのは、まだまだ難しい業界のようです。

しかし現在は、若い寿司職人の方を中心に、仕事内容や業界知識を体系的にわかりやすく教えていくという方向に、少しずつ変わってきています。

と言っても、職人(プロフェッショナル)の世界は、やはり厳しいものなので、固い決意をもって職人道を進まなければなりません。

日本では、手に職をつけると食いっぱぐれがない、と言われますが、まさに寿司職人は「手に職」をつける職業なので、腕が良ければ食いっぱぐれる事はないでしょう。

もし、就職や転職の情報収集をしたければ、転職エージェントに相談をするのがおすすめです。興味のある方は下記を参考にしてください。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする