営業で心身ともに疲れ果てていませんか?営業職から別の職種への転職を考える時期かもしれません | 大人の転職応援団

営業で心身ともに疲れ果てていませんか?営業職から別の職種への転職を考える時期かもしれません

営業で心身ともに疲れ果てていませんか?営業職から別の職種への転職を考える時期かもしれません。
文系人間の就職先として多いのが営業職になります。営業職は企業においても非常に重要な部署なので、会社の規模や利益拡大のために、時に多くの営業マンを採用することがあります。

ですが、当然、営業マンという職業は、対人コミュニケーション能力が不可欠であり、口下手や内向的な性格の人には、ほぼ続けることが不可能な仕事となります。

飲み屋での接待や、プライベートでの呼び出し、見積書類の作成、会社へのご機嫌伺い…等々。

もちろん残業なども当たり前、そして営業手当と残業代は一緒だったりと、結果を出すことができなければ、給与と働いた時間が比例せず、全く割に合わないというのが現実のようです。

また、営業ノルマなどが設定されている会社で怖いのが、営業ミーティングの際の成績評価による吊し上げです。

厳しい叱責や罵倒などを行うパワハラ上司のもとで働いたことがある人は、営業という職種に対し、かなりネガティブな印象を持っていると思います。

体力も神経も使う営業職から抜け出したい…営業から未経験の業種への転職は簡単にできるのでしょうか?実際は、特に問題なく転職することが可能です。そこの所を詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

営業経験がある人は会社の広報などの仕事もできる

大手企業の営業職に就くことができたけど、営業ノルマの達成や連日連夜の接待で身がもたない…と、そろそろ限界を感じてきた人は、ベンチャーや IT 企業の広報及びディレクターなどに転職するのもいいと思います。

IT 業界は、カテゴリ-によってはそれほど営業の必要性が高くありません。ゲームを作っている会社や、自社企画の WEB コンテンツサービスを制作している企業は、それほど営業を必要とはしていません。

1人も必要ないという事ではないですが、ほとんどの場合、広報やディレクターの方を必要としています。ディレクターの仕事というのは、会社内の各部門との連結役と人材探しです。

個性が強いクリエイターたちの能力をうまく連結させて、情報共有や意思疎通をはかり、独自サービスを生み出していく大事な仕事です。

対面の営業ではないので、会社の中でほとんどの仕事を完結させる事ができます。地方への出張や、心身共に疲弊するアルコール接待をする必要はありません。

ベンチャーや IT 企業と、大手の企業では、仕事の進め方が驚くほど違うので、体に染み込んだ営業の常識を塗り替える必要があります。

働いている年齢層も若いことが多いので、若い人とうまくコミュニケーションがとれる人であれば、ベンチャーや IT 系の方が肌に合うこともあるでしょう。

また、社内でのマネジメント役であるディレクターに、厳しい営業ノルマが課せられる事はないので、必死に汗をかいて商品をセールスすることはありません。

営業事務や経理部門へ転職するのも一つの選択肢です

営業に疲れたから転職しようという場合、一つの選択肢として営業事務に転職するというのもいいと思います。

見積書など、各種書類の作成や取引先への電話対応は苦痛ではないが、気疲れする接待や地方への出張などはもうやりたくない、という人は営業事務などの経理関係に転職するのが最適かと思います。

普通の事務・経理関係の仕事に転職するのもいいですが、競争率の低さで言うと営業事務が最も入社しやすく、営業経験がある人の転職はさらにやりやすいと思います。

しかし、事務系の仕事というと女性の割合が高く、女性であればスムーズに転職することが可能ですが、これが男性となると少し採用率が落ちてしまいます。

やはり事務という職場は、既に女性社会が形成されているので、全員が女性のところに1人ポツンと男性が混ざっているというのは、会社側としても難色を示してしまうのかもしれません。

しかし、中小零細企業などでは事務職の人数が1、2名ということがほとんどです。そこで勤務している人が、結婚や妊娠などの理由で離職した場合、うまくタイミングが合えば入社することも可能です。

そして、中小零細企業の場合、男性の事務職員が長く働いていている事があります。

それは、20~30代の女性の場合、どうしても結婚や妊娠などの理由で退職されるため、その都度、求人募集をかけて採用活動を行う手間が省けるからです。

会社が求人募集しているタイミングもありますが、営業事務として勤務していきたい!と前向きな姿勢を見せれば、採用を考えてくれる企業はあります。

経理は専門性の高い資格職でもあるので、うまく出世街道に乗ってキャリアを構築することができれば、いずれは経理部長などの役職に就くことも可能です。

経理職を行う上での知識や資格を持っていれば、会社の倒産やリストラなどの危機が訪れたとしても、他の職種と比べ、割りとスムーズに転職活動を進めていくことができます。

当然ですが、営業職から事務職への未経験での転職になるので、経理の知識の習得や資格取得などのスキルの向上は必須となってきます。

しかし、経理・会計の知識と資格をしっかりと習得さえできれば、転職という観点から見ても将来とても有利になってきます。

営業職に疲れ果てたので、内勤の経理職として働いていきたいと思っている人は、転職に挑戦してみてもいいのではないでしょうか?

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする