日本企業の独特の文化である精神的な「詰め」。軍隊式の教育法から脱却しないと日本に未来はない! | 大人の転職応援団

日本企業の独特の文化である精神的な「詰め」。軍隊式の教育法から脱却しないと日本に未来はない!

日本企業の独特の文化である精神的な「詰め」。軍隊式の教育法から脱却しないと日本に未来はない!

営業職で目標ノルマに到達できなかった人間を、徹底的に叱責・批判・罵倒するという「詰め」という不気味な文化が日本には存在します。

戦前、日本の軍隊で用いられた部下の教育システムであり、相手の失敗やミスを執拗に責め、罵詈雑言を長時間、浴びせかけることによって人格を完全否定する。

考える力や決断力を奪い、上司の命令に従順に従う軍人を育成するために用いられた教育方法です。時が経った現在でも、日本のあちこちの企業に、この詰めの文化の影響が色濃く残っています。

相手を心理的に追い込んで詰めるというやり方は、恐怖と抑圧による精神コントロールであり、絶対的な主従関係を強制する方法ですが、軍隊でもない企業がその方法を用いるのは、完全に間違いだと言えるでしょう。

どうして今の時代になっても、相手を精神的に追い詰めてコントロールしようとする古臭い手法がまかり通っているのでしょうか?そのあたりについて掘り下げていきましょう。

スポンサーリンク

従順な経済奴隷としての免疫をつけさせる

日本は「サービス残業」という名の「無賃金奴隷労働」がまかり通っている国です。労働基準法は機能しておらず、労働管理局の監視体制はあってないようなもので、サービス残業はごく一般的に行われています。

会社としては、人件費を最大限まで落とし、利益幅を増加させるため従業員にサービス残業を強制します。おとなしく従わせるために使われる方法が、批判・罵倒・叱責・侮辱の「詰め」の奴隷化教育なのです。

もはや一般化している無賃金のサービス残業は、完全な違法行為なので従業員はそれを当然、断ることができます。

しかし、恐怖や抑圧、言葉の暴力で精神支配を行っているブラック企業であれば、営業ノルマを達成できなかった分をサービス残業で穴埋めしろ!という暗黙のルールを強制することができます。

決断力・論理的思考力などを奪う強烈な「詰め」は、営業ノルマが達成できない=サービス残業当たり前、という不条理で非論理的な論法を、あたかも真実のように植え付けさせることができるのです。

精神的な「詰め」による自己都合退職を強いる

精神的な「詰め」は結果を出せない社員をリストラする際にも用いられます。普通、会社側の都合でリストラした場合、退職金を支払って辞めてもらうのが常識となっています。

しかし、社員が自己都合で辞めた場合、会社側は退職金を支払う必要がなくなります。そして、日本の会社はそう簡単に従業員をリストラすることができません。

一度、正社員としての雇用契約を結んでしまうと、いつでも容易に首を切るというのはできなくなるのです。

そこで、精神的な「詰め」により相手を追い込み、最後には自己都合退職するように強いてくるのです。

欧米系の外資企業の「今日限りであなたはクビ。明日からは出社しなくて結構です。」などのリストラ宣告は、一見、日本人にはキツク感じますが、精神的な追い込みによる自己都合退職への誘導も別の意味でキツイものがあります。

精神的な追い詰め行為は社会的なイジメである

精神的な追い込みによる「詰め」は、変わることのない不変の上下関係を体に染み込ませる奴隷育成法ですが、俯瞰してみると、その関係は刑務所の「刑務官と受刑者」との関係にとても似ています。

絶対的な存在である刑務官に対し、受刑者は抵抗する事が許されず、その結果、受刑者間でパワーゲームが始まり、お互いを引きずり下ろそうとする行動を始めてしまいます。

現代日本においても、相変わらず存在する「詰め」という行為は、精神的にも職場の雰囲気的にも「立場が下の人間にはどんな酷いことをしても許される」という社会的なイジメと言っていい状態を作り出してしまうのです。

会社内で密かに行われてきたパワーハラスメントはようやく認知されてきましたが、パワハラの相談や裁判が年々増加傾向にあるという事は、言葉だけが独り歩きしているだけ、ということを示唆しています。

日本企業にしつこく根づいている悪しき文化を払拭するのはまだまだ時間がかかり、実態は何も変わっていないというのが現状なのでしょう。

日本の会社は軍隊式の奴隷育成法から脱却すべき

軍隊式の経済奴隷育成法は、軍隊でもない民間の企業が行ってはいけません。

学校でのクラブ活動や、スポーツの世界で教育的指導やしごきという名目のもと、堂々とイジメが野放しにされているという現状を見ても、今でも軍隊式の教育方法を好んでいる層がいるという事です。

その行為の中に、論理的な説得力は存在せず、恐怖と抑圧と暴力による支配は、現在も色々な会社が水面下で行っているのです。

現代にはそぐわない古臭い雇用法と、昔の軍隊教育が作り出した「詰め」という教育方法が、日本から完全消滅することを願っています。

転職を成功させるために転職エージェントの力を借りよう

転職を成功させるために転職エージェントの力を借りよう

希望年収や仕事環境、必要なスキルなどを具体的に調べたり考えたりしたくても、現在の仕事に追われて時間を作れない人、転職市場での自分の価値が分からない人は、まず最初にプロの転職エージェントに相談をするのが良いと思います。

転職エージェントは、あなたがイメージする 理想の働き方(転職プラン・年収・キャリアアップなど)をヒアリングし、最善のサポートと的確なアドバイスをしてくれて、あなたに最もマッチした優良案件を紹介してくれます。

今の会社に勤務しながら転職活動を行うのは、なかなか時間も取れず、ましてや、優良な求人案件を見つけるのは、なおさら難しいもの。

そんな時に、力になってくれるのが転職エージェントです。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、これを活用しない手はないですよね。

転職エージェントの協力により、たくさんのリアルな情報を手にする事ができるので、転職期間中のストレスや不安を和らげる事ができます。

見込み違いの転職によって「前の会社のほうがマシだった!」と後悔しないためにも、客観的な情報収集をしてくれる、プロの転職エージェントを活用するのが、安心できて一番効果的な方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする