短期離職者の転職大作戦ー勤務歴1年未満の職歴のカバーの仕方  | 大人の転職応援団

短期離職者の転職大作戦ー勤務歴1年未満の職歴のカバーの仕方 

短期離職者の転職大作戦ー勤務歴1年未満の職歴のカバーの仕方 

仕事で短期離職を繰り返すと、転職の時、とても不利になります。2~3年の勤務歴があれば大丈夫ですが、半年~1年未満となると、短期離職者としての烙印を押されます。

25歳未満の転職だと、第二新卒枠としてまだ甘く見てもらえますが、それ以外となると悪い印象を与えてしまいます。

ここで、半年~1年未満の短期職歴をどのように誤魔化すかカバーリングするか、考えていきましょう。

ゴミブラック企業で勤務していた場合は 職歴1年未満でも大丈夫

ブラック企業で勤務していたことで、話が有利になることはありませんが、退職の理由として、企業側の雇用条件が、提示されたものと大きく乖離があったり、人の尊厳を踏みにじるような扱い・言動、超絶激務などの場合、本当のことを話しても問題はありません。

(正直な理由を話したのに不採用だった場合、その会社自体も、おそらくブラック企業です)

しかし、そのブラックのレベルが、実際の仕事の現場では、よくある話の範疇であった場合、マイナスの印象を与えてしまいます。

このような特殊なケースではなく、上司との諍(いさか)いであったり、つい感情が爆発して、何も言わず突然「キレ辞め」してしまった場合は、どうカバーすればよいのでしょうか?

そこで、いくつかの「効果的でシンプルな方法」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

短期離職の職歴を素直に反省し、誠実・正直さをアピール

殆どの場合、転職者は多かれ少なかれ、退職理由をごまかしています。もちろん、採用側もそれを見越した上で、採用の是非を決めています。

適当な言い訳を必死に並べるよりも「私の考えが未熟で、会社を離れてから自分は恵まれていたんだ、という事がはじめてわかりました。」と、短期離職を素直に反省する言葉を述べたほうが、印象が良くなることがあります。

企業の面接担当者も鬼ではないので、素直に反省の弁を述べている人間を、ここぞとばかりに追い込んでやろう、なんてこともしません。

若者が新卒入社した会社で、自分の理想と、現実の仕事内容との乖離に落胆し、失意のまま退職する、というのはよくある話です。

見抜かれるであろう嘘で、短期離職の理由を述べるより、誠実に過去の失敗を話し、過ちを顧みることができる人間であることをアピールすれば、短期離職のマイナスをリカバリーすることも可能です。

特に、ゆとり世代、と揶揄される若者たちの一部は、なぜかプライドだけは高く、反省や謝罪が素直にできなっかたりして、そんな部下を持つ先輩上司も悩んでいることがあります。

第二新卒の求人などは、そのような素直に自分が出せない、ゆとり世代の一員が辞めた後の採用なのかもしれませんね。

このようなご時世で、素直さ・率直さ・誠実さ、を発揮できる事ができれば、逆にそれが自分のセールスポイントにもなります。

短期離職を過去の過ちとして後悔している姿を見せれば、むしろ、今回はすぐには辞めないだろう、と考えてくれる場合もあります。

志望動機を具体的にきちんと伝える

マイナスの印象を持たれがちな短期離職者でも、きちんとした志望動機があれば「前職では自分がしたい仕事をやらせてもらえなかった」という転職理由でも説得力を持ちます。

いわゆる、短期離職者が持つ、一番大きなマイナス要素は「長続きせず、すぐ辞める人」とイメージされてしまうことです。

ですが、志望動機が具体的できちんとしていれば、採用者はあなたのことを「長続きせず、すぐ辞める人」とは考えません。

「自分のやりたい事だけ、やらしてくれる会社なんて無い無い。雑務的なことはやりたくないの?この会社でもつまんない仕事の下積み期間はあるよ。大丈夫?」

と面接官に言われたら、速攻で前に書いた反省・誠実アピールを行って下さい。

「前の会社では、その理想と現実の差に落胆し辞めてしまいましたが、その後、業界の先輩方から話を聞かせてもらっているうちに、始めから、自分のしたい仕事が出来るわけではないという事がわかりました。

早期に離職してしまったことも後悔しています。次はその反省を活かして、自分のやりたくない業務であっても、会社全体と、将来の自分のために必要なステップだと考えて、きちんと業務を全うしたいと思っています。」

という感じで、『早期退職→新たな気付き→過去の反省→現在と未来を改善』といった順序をきちんと把握しておいて下さい。

新卒の就職活動の時には、自己アピールは必ず『~を経験したが~という事を学び~という理解を得ました』と、最後に『その経験から何を学び、何を得たか』を置きます。

新卒と同様、転職活動でもそこは同じで、常に経験から改善点を見つけ出し、より高い次元へ進もうとする、学習能力が高い人材を企業は探しています。

短期離職者の場合は職能スキルをさほど有していないので、職能スキルでの自己アピールではなく、学習能力の高さをアピールしてください。

ライバル転職者に経験者がいた時は、採用されるのも難しくなってきますが『職歴1年未満、スキルなし、内定なし、職もなし!もう無理!樹海へ行く!』と自身を闇の方へ追い込んではいけません。

あなたは過去に「手痛い失敗という経験」を得たことで、あまり多くの人が持っていない「学習能力」という名の強靭な武器を有しています。

その武器を持って、前向きに諦めず転職活動を行えば、必ず希望する会社の正社員として就職できると思います。

成り行きに任せて、派遣社員や契約社員で、まぁいいや、とぬるま湯につかっていると、いつの間にか年齢を重ねてしまい、学習能力のアピール力が低下してしまいます。

学習能力は若年者の方が、自己アピールとして有利に活用できるものです。

短期離職などという理由程度で、正社員としての就職を諦めてしまうのはもったいない、と私は考えます。

効率的かつ安心して転職活動するには 転職エージェントの活用も視野に入れましょう

転職者に短期離職などの、マイナスの印象を与えがちな経歴があると、どう転職活動を進めていいのか分からず、不採用ばかりが続き、気持ちが落ち込んでしまうこともありますね。

オロオロとしながらの転職活動ではなく、プロの転職エージェントとタッグを組んで、自己分析判断や、自分の希望条件にマッチした転職先を見つける、無料サポートをしてもらいましょう。

孤独に、たった一人、単独で転職活動を闇雲に進めるよりも、プロの強力サポートを受けながら、そして、精神的にも安定しながら、効率的かつスムーズに転職活動が出来ますよ。

プロの転職エージェントは、応募をしている会社の求める人材や、企業風土・内在価値、そして業務内容をしっかりと把握しています。

ですので、企業と人材のミスマッチングによる「短期離職の発生」を起こす確率はとても低くなります。

焦らずに、精神的にも安心しながら、希望の企業を見つけるためにも、プロのエージェントサービスを無料で活用しましょう。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする