出不精の出張嫌いは営業職に就かないこと!出張の悪いところ。 | 大人の転職応援団

出不精の出張嫌いは営業職に就かないこと!出張の悪いところ。

県外の取引先の会社を訪問したり、エンジニアとして派遣された先で業務を行ったりする、いわゆる「出張」というと、サラリーマンの象徴的な仕事になります。

出張先で、ご当地料理を堪能したり、出張手当をうまくやり繰りして楽しんだりと、サラリーマンにとってかなりオイシイ仕事のように見えます。

しかし、遠方に行きたくない・歩きたくない・人ごみが嫌い、などのインドアタイプや内向型の人間にとっては、営業ほど体も神経も疲れて面倒な事はありません。

OB・OG の人が言う「営業での出張は楽しいぞ。地方の名産品なんかも食べられるし、仕事が終わったら思いっきり羽を伸ばせるぞ。」この言葉はインドアタイプの人間は信じてはいけません。

もし、何かの間違いでインドアタイプの人間が営業担当になってしまうと、「なんで出張はこんなにも疲れて面倒なんだ…もう行きたくない」と疲弊してしまいます。それは、地方出張・海外出張どちらでも同じことです。

それでは、ここからはサラリーマンの「出張嫌い」を発生させてしまう、いくつかの理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

拘束時間が長くて疲れる

出張の一番の問題というのは、何よりも拘束時間の長さでしょう。遠い地方まで一泊2日で出張などをしてしまうと、自宅に無事帰還出来るのは48時間も経ってからになってしまう。

当たり前ですが、インドアタイプの人間が、この世で一番安らぎを得られるのは、自分の家であり部屋でしょう。

部屋でダラダラしながら、ジャージ姿とボサボサ頭のまま、自分の好きなお菓子を食べながら映画やテレビを見たり、本を読んだりするのが至福の時。

外に出るのはコンビニに行く時ぐらいで、外出は疲れるから嫌い、という人間にとっては、2日間、48時間以上も家に帰ることが出来ないのは、多大なストレスを受けることになる。

営業の仕事が終わった後に、お酒を飲みにいったり、面白いものを探して観光などをすれば出張も楽しくなるんじゃないか、という意見もありますが、

●お酒が飲めておいしい食べ物に興味・関心が強いこと

●バイタリティーと行動力を持っている人間である事

などの条件に当てはまってないと、出張は厳しいものとなります。

仕事で心身共に疲れきっていて、宿泊する所は味気ないビジネスホテル。

家族や恋人とリラックスするために旅行に来ているならともかく、出張のビジネスモードで来ているのに、観光なんてしている心の余裕はない。

出張はハードなスケジュールを設定されているから、自由に動ける時間も少ないし、一番嫌なのは、仕事が終わってから無理やり飲みにつき合わされる事。

お酒が弱いとか、会社の人間と飲みたくない人であれば、この出張中の2日間、48時間は監獄で過ごすよりも地獄だろう。

慣れない事の連続で心身共に疲弊する

出張は体力的にも精神的にもかなり疲れる。朝早くに会社を出発して、夜遅くに帰ってくる。日帰りで何とか帰ってこれる中途半端な距離だったら最悪。

早朝から始発で出発し夜は11時に帰ってくる。移動は基本的に新幹線か飛行機を使うが、これはこれで疲れる。

周りの話し声が聞こえたり、揺れや光があっても問題なく眠ることができる人間であれば問題は無いが、枕が変わったら眠れない繊細なタイプなら移動時間は最悪だ。

また、乗り物酔いしやすいタイプや、長時間座っていたら腰が痛くなる腰痛持ちなども言わずもがな、最悪な時間を味わう事になるだろう。

出張帰りの翌日が休みの場合はいいが、これが週の始めの方だったりすると、その週は疲れを感じたまま仕事をする事になるだろう。

出張は普段使わない移動手段を利用したり、慣れない場所に行ったり、タイトなスケジュールだったりで疲労がかなり蓄積しやすい。

「出張が大好きだ!」と言っているのは、体育会系の体力自慢人間か、旅行好きで外交型の人間だけである。

インドアタイプや内向型の人間にとっての出張とは、友達ゼロの人間が参加する全員参加の修学旅行のようなものであるだろう。

死ぬほど嫌いな上司やそりの合わない先輩とずっと一緒

行きも帰りも1人の単独出張であるならまだいいでしょう。これが、全くそりの合わない先輩や、死ぬほど嫌いな上司との二人きりのペア出張であればいかがでしょうか?

普段の職場でもできるだけ関わることを避けているのに、出張中は恋人のようにずっとそばにいる。感情的で動物のような上司などであれば、仕事での失敗は許されないという重圧は頂点に達するだろう。

女性の社会進出により、女性の営業も増えてきているが、2人きりで行く出張のパートナーが、セクハラで有名なエロ上司だったり、単純に生理的に無理!という男性社員であった場合はどうだろうか。

仕事だから仕方がないと割り切って考えても、一日中不快な存在に絡まれ続けた場合、あなたは耐えられるだろうか?

出張手当が激安

長い拘束時間で縛るのだから、一回の出張で1万円以上は出してほしいが、出張手当は3000円~5000円程度なので激安だ。

そこで、多くのサラリーマンは裏技を使って、交通費の支払いの際には自分のクレジットカードを使ってポイントやマイルを増やしたりしている。

出張させて売り上げを大きくして儲けたい会社側と、どうにかしてオイシイ思いをしたいサラリーマンとの熾烈な戦いなのだ。

出張は楽しいぞ!と叫んでいるのは一部の人間だけである。学生の方はあまり真に受けないようにしましょう。

出張を避けるために出来る事

会社の営業マンである以上は残念ですが、出張を回避する事は難しいでしょう。となると、出張が発生しない事務系の仕事や専門職、または IT 系の職種に鞍替えするのが最善の選択でしょう。

もちろん、会社によってはそれらの部署でも出張がある可能性があるので、事前に情報収集をしっかりとやって、面倒な出張のない会社を選んで、自分の性格や特性に合った職場で働いていきましょう。

情報の収集や、他の業種・職種の事を調べたいのであれば、プロのエージェントに話を聞きに行くのも良いと思います。

オススメのエージェントを紹介しておきます。よかったら参考にしてください。相談や登録は無料ですよ。

転職希望者は転職エージェントを有効活用しよう

転職が初めての場合、特に20~30代の若い人の場合は転職といっても何をすればいいのかわからず、また激務なブラック企業に入ってしまうのではないか、と不安になることが多いと思います。

そこで、オススメなのが転職エージェントの利用です。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

転職はたくさんのエネルギーを消費します。履歴書の作成や、求人の検索など細々とした面倒な作業が多く、会社に応募する前から疲れてしまいます。転職エージェントは無料でそれらの手間を省いてくれます。

あなたと面談をして、希望条件にあった求人を探してきてくれますし、職務経歴書やエントリーシートの作成アドバイスもしてくれるので、孤独に転職活動をするよりずっと楽に進めることができます。

転職エージェントは仕事選びの強い味方ですから、ぜひ上手に活用して転職・就職を成功させましょう。

転職エージェントは会社に在職中でも離職後でも相談に乗ってくれます。まずは気軽に相談してみましょう。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする