転職で「職歴3年」の壁は存在するのか?職歴2年でも対抗して転職に成功するための方法 | 大人の転職応援団

転職で「職歴3年」の壁は存在するのか?職歴2年でも対抗して転職に成功するための方法

転職で「職歴3年」の壁は存在するのか?職歴2年でも対抗して転職に成功するための方法

転職する際に、最低でも同じ会社で3年間の勤務歴がないと職歴としてアピールする事はできない、という暗黙の認識のようなものがありますが、職歴が2年の場合はアピールする事はできないのでしょうか?

答えは、十分に職歴として提示する事が可能です。

一般的に言われる「短期離職」というのは、その会社での勤務歴が1年未満の場合を指すので、2年以上働いていた場合には、職歴3年と同程度と捉えられ、短期離職に付いてまわるマイナスの印象とはなりません。

しかし、前の会社で経験した事や獲得したスキル、退職する事になった正当な理由などを、ネガティブに受け取られないように上手く自己 PR しなければならないのは、短期離職者であろうが、そうでなかろうが変わらないので、事前にちゃんと用意しておく必要があります。

「あと半年間だけ耐えてこの職場に居続ければ、職歴がちょうど3年になる。そうなってから退職しよう。」

職歴が2年前後の人は、キリのいい3年まで頑張って働こうとする人もいますが、もしブラック企業などの労働条件が劣悪な職場でストレスを溜めながら働いているのであれば、「職歴3年」にこだわる必要は全くありません。

今日からでも転職活動をすぐに始めて、自分の能力や特性、性格にマッチした会社を探すように行動しましょう。

スポンサーリンク

経験者優遇や業界の経験3年以上の求人案件に応募してはダメ?

職歴2年で少し注意しなければいけないのは、経験者を優遇する採用条項でよく見かける「経験3年以上」というフレーズです。

職歴が2年程度では応募する事は不可能、と勘違いしがちですが、実際は、職歴が2年しかなくても応募条件をクリアしています。

会社が欲しい経験者は、職歴2年の人であっても実際には大丈夫で、十分、採用枠内に入っており、業界の経験3年以上というのは、よく使われる定型フレーズを提示しているだけなのです。

会社が採用したい経験者のスキルやレベルは各社バラバラなので、経験者優遇と書いていても、実際は、職歴の長さより年齢や、持っているスキルの高さなどが重要視される事もあるので、ひるまずにどんどん応募していきましょう。

それでも心配で、もう少し箔を付けたいなら資格取得などで自分に付加価値をプラスしましょう

それでもやっぱり職歴2年が心配ならば、会社を退職した後に、自主勉強や職業訓練校などで勉強を行い、資格を取得して自分自身に付加価値をプラスしていきましょう。

事務職に就きたいのであれば、簿記の資格を取得したりして、その資格単体ではアピール力が弱くても、職歴2年と合算して考えると、職歴3年以上の人と対峙する事ができます。

「職歴3年」というフレーズに臆することなく、自身の転職マーケットでの存在価値はどれくらいなのかを、ちゃんと見定め、次の転職先の企業で働くことのメリット・デメリットを天秤にかけて、転職活動を行うようにしましょう。

もし、転職活動に不安があるなら転職エージェントの力を借りるのもオススメです。無駄な時間を浪費しないためにも、プロのアドバイザーに無料で相談するのも良いと思います。

オススメの転職エージェントを紹介しておきますので、ぜひ参考になさってください。[dfads params=’groups=5&limit=1′]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする