転職活動で妥協するのはダメ!絶対!妥協した先に待っている困難とは? | 大人の転職応援団

転職活動で妥協するのはダメ!絶対!妥協した先に待っている困難とは?

転職活動で妥協するのはダメ!絶対!妥協した先に待っている困難とは?

転職希望者が転職活動を行っていて、何十社、面接を受けても、なかなか内定をもらえなかったり、雇用保険の期限がもうすぐ切れる、または就業していない「空白期間」を何ヶ月も作ってしまったなど、かなり逼迫(ひっぱく)した事態になることもあると思います。

そんな時、仕方なく、容易に内定がもらえる業界や、興味・関心は薄いが内定をくれる会社に「とりあえず、ここにしておこう!」と決定してしまう方は結構いると思います。

しかし、このような「とりあえず内定」は、その後、転職活動をする時に整合性のとれていない経歴になって、転職活動において不利に働いてしまうことがあります。

例をだすと、事務職に就こうと簿記試験を受けて合格したのに、飲食チェーンの店員やビジナスホテルのフロントなどのサービス業に就職してしまうとします。

その後、やっぱり経理関係の仕事に転職しようとしても「前職は全く別の職種だったようですが、どうゆうことですか?」と面接官に聞かれたときに矛盾が発生します。

営業などの職種であれば、簿記の知識も営業トーク中に使えると思ったから、などと理由付けすることは可能ですが、職務経歴にある程度の共通性がないと、長続きしない人・仕事をコロコロ変える人、などといった損になる印象を与えることになってしまいます。

とりあえずの妥協で決めてしまった職種では、自分のモチベーションを維持するのも難しいので、結局、仕事も長続きしません。

スポンサーリンク

就活を早く終わらせたいための「妥協内定」はダメ!絶対!

就職活動が長期化してしまうと、早く終わらせて気を楽にさせたいがために「受かったところなら、もうそこに決める」「数撃ちゃ当たる戦法で、多種多様な職種に応募する」などといった逃げの就職活動に陥りがちです。

特に新卒となると、業種や業界知識にまだ疎いため、職務キャリアに迷いが生まれてしまう学生が多く、それが原因で、3年以内の新卒の離職率がとても高くなっています。

新卒・転職の両方に言えますが、いわゆる、就職活動を早く終わらせたいがための「妥協内定病」にかからないよう気をつけて下さい。

真の目的は自分の特性や、求めるキャリアに見合った職種に就職することであって、どこでもいいから、とりあえず就職することではありません。

転職失敗例ー「妥協内定」の先にあるもの

石川真奈美さん(25歳 短期大学卒)

チェーン展開している外食産業に就職する。しかし、長時間労働&サービス残業(パワハラも有り)などのブラック激務に精神も体力も削られて退職。

2ヶ月程、心身の回復を待ち、転職活動を始める。残業があまりない事務職を中心に転職活動を頑張ったが、簿記の資格などもなく、初心者未経験の真奈美さんは全く内定がもらえず、雇用保険の期限も切れてしまった。

家賃・水道光熱費などの生活費で、少しあった貯金もなくなり、いよいよ窮地に追い込まれた真奈美さんは、外食産業の経験が活かせそうなサービス業も受け始め、あるホテルにすぐに内定。

どうしても無職から抜け出したかった真奈美さんは、多少の不安を抱えながらも、せっかく内定がもらえたんだからと、そのまま入社。

前職の外食チェーンよりかはマシだろうと考えていたが、蓋を開けてみると、出勤日・出勤時間も休日もバラバラで、勤務時間も長く、真奈美さんは4ヶ月でダウン。その後、退職。

人事の採用担当者からも嫌な暴言をはかれ、心身が壊れる前に、逃亡するように離職した。

もう一度、心機一転、転職活動を再開するエネルギーも湧いてこず、短期離職者の烙印を押されただけで、経歴も汚れてしまい、転職活動は大失敗で幕を閉じた。

転職活動において妥協内定は絶対にダメです。妥協内定に陥らないようにするためにはどうすればいいか?

真奈美さんのようにならないために、対策案をいくつか提示したいと思います。

対策:転職活動は業種を絞り、少数精鋭で攻める

新卒の時には、企業の採用時期が重なっていたり、多種多様な業種を見て情報を集める必要があったり、4・5社を同時進行で応募し、就職活動を行ってきた方も多いと思います。

しかし、転職活動においては、そのような「数撃ちゃ当たる作戦」的な転職活動は全くオススメできません。

転職活動は新卒の時の就職活動とは違います。1名か2名採用がほとんどなので、かなり競争率が高い狭き門となっており、会社側も応募者を精査します。

少しのことで内定の行方が変わる状況下で、同時進行で4社も5社も連続で受けていると、面接時の受け答え(志望動機など)がこんがらがって混ざってしまい、紙一重の差で、他の転職者に負けてしまいます。

転職活動では前職の経験など、自身が持つ特性やアピールポイントがハッキリしているので、なおのこと、応募する求人を少数精鋭で絞る事が大事になってきます。

内定を焦らないようにするためには?

・なかなか内定がもらえず空白期間が伸びてもマイナスに捉えない。

・貯金がなくなっても、短期のアルバイトをしながら転職活動を続ける。

・転職エージェントや友人などに話を聞いてもらう。

・希望する内容でないなら、そもそも応募しない、そして内定が出ても毅然と断る。

・職務経歴書に自分の思い描く理想の経歴を書いてみて、その企業での仕事が、それに近いかを確かめる。

 転職は積極的な「職業の自由選択権」の行使です

日本は経済的には先進国の一員ですが、転職観・仕事観に関しては、決して先進的とは言えないと思います。

いまだに、転職者を実力や特性・人格で判断せず、転職回数や勤務期間・短期離職の割合、などで見る企業が多いので、下手に焦らずに、転職活動を行うことをオススメします。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする