「30代ニート」はアルバイトから社会復帰という甘い選択ではなく、すぐに正社員を目指そう | 大人の転職応援団

「30代ニート」はアルバイトから社会復帰という甘い選択ではなく、すぐに正社員を目指そう

社会経験もアルバイト経験もほとんどないニートが、再びアルバイトをきっかけに社会への復帰を目指そうとしますが、アルバイトで社会復帰→正社員というルートは、実はハードルが高いです。

理由は、30代でアルバイトとなると、年齢的にも高齢のカテゴリーに入り、同僚の若いアルバイト達とどうしても比べてしまい「俺はこの歳で一体何をやっているんだ…」と、ヒドイ気分の落ち込みを感じざるを得ない環境だからです。

「人を作るのは周囲の環境である」というのは真実で、周りが若い20代ばかりのアルバイトという環境下では、30歳を超えたフリーターというポジションの人間は、精神的にネガティブな状況に追い込まれてしまいます。

何者にでもなれる可能性を有している、未来輝く若者達と、三十路を超えてしまったフリーターが、お互いに仲間意識を持って交流する事は皆無です。

日々の生活費を淡々と稼いで、職務経歴書にも書けないようなアルバイトをただこなし、精神の困憊と時間の浪費だけは確実に感じながら、少しずつ朽ちていく可能性がとても高いです。

スポンサーリンク

「ニートですよ?すぐに正社員なんて無理無理!」

と考えるのも無理は無いでしょうが、冷静に客観的に考えると、ニートから脱出するために「とりあえずのアルバイト」を始める方が、時間を確実に無駄にしてしまうルートだと思います。

本気で社会復帰を考えているのであれば、採用ハードルも低いアルバイトなどをやっている場合ではなく、ちゃんと職歴がつくような会社に勤務する必要があります。

職種は自分に合ったものでいいんですが、職人仕事やエンジニア、事務職員や営業マンなど、とにかく「アルバイト用に割り当てられた単純作業系ではない仕事」に従事する事をおすすめします。

アルバイトでも、誰にでもできる単純作業系の仕事には、若い学生・外国人労働者・そしていわゆる底辺の人生脱落組が多く、彼らが発するネガティブな悲愴感と無力感に影響されて、自らもその負のオーラに飲まれてしまう事があります。

30代に突入してしまったニートに絶対必要な心持ちとは、根拠のない「自信」であり、人生のコーナーに追い詰められた人だけが持てる「最後の開き直り」です。

「自分は30代のニート…どうせ底辺の会社しか雇ってくれない」

などと、精神的に卑屈になってしまうと、まともな社会人として社会復帰する事はできなくなってしまいます。

30代のニート出身から、社会へ戻るために必要なのは、自分自身が社会人として振る舞わなければならない環境です。

どんなに自分に甘いダメ人間であっても、社会人としての振る舞いを強制的に求められる場所に入れば、周囲の人に認められるために頑張って適応しようとするものです。

初めから採用ハードルの低いアルバイトから無難にスタートするよりも、ずっと社会への復帰ルートとして近道だと思います。

ほとんどの人が、最初は簡単に出来るアルバイトから始めるのが、社会復帰への一番の近道だと考えてしまう理由は、「小さな事からコツコツと」という信仰にも近い思い込みを持っているからだと思います。

その考えは決して間違いではなく、小さな成功体験を少しずつ増やしていくのは、大きな成功を掴むための定石でもあります。

しかし、「30代でニート」という条件を持っている場合は、年齢的な時間の問題もありますし、小さな成功体験と言えるようなものは、単純作業のアルバイト先にはありません。

成功体験というものは、正社員という責任のある立場や、自分の能力を精一杯使わなければならない場面で掴み取るものであり、アルバイト先でうまく仕事ができた程度の成功体験ではあまりに小さすぎます。

社会復帰するための時間にある程度の制限がある30代にとって、最初のスタート地点の選択を間違えてしまうと、時間を浪費している事にも気づかず、いつの間にかフリーターや非正規社員のまま30代後半に突っ込んでしまいます。

また、職場によっては30代のアルバイトとなると「現場で一番の年上」に、自然となっていることが多いので、何となく周囲から疎まれているような居心地の悪さを感じざるを得ません。

仕方ない事ですが、同調圧力が強い日本では「今何歳なの?いつまでアルバイト続けるの?」というようなプレッシャーや社会的常識の押し付けがかなり強く、それは年齢を積み重ねるごとに段々と大きくなります。

「30代ニートで絶望…社会復帰なんて夢のまた夢では…?」

「30代ニート」という条件だと、リスク回避行動をとり続ける事こそが最大のリスクになってしまいます。逆に言うと、リスクをとって行動し続けることによって復活ができる「最後の年代」と言えると思います。

例えば、職業訓練などを経てビルメンテナンス業に挑戦する等々の道筋はまさに王道といえます。

ビルメンテナンス業に従事するに当たっては資格の取得が必要になってきますが、「30代でニート」という厳しめな肩書きを持っていても、求人の需要がある業界なので、滑り込みで入ることも十分に可能です。

IT系ソフトやアプリの開発者・プログラマーなどは専門知識が必要なので、そもそも興味と知識と情熱を持っていないと採用されることはありません。

エンジニア(電気・工業系)などは、スキルと資格が必要であったり、勤続歴が長い人も多いので、技術者の平均年齢が比較的高く、30代といっても若手の部類に入ります。

色々な職種をまずは探してみて、自分の性格や能力と相性が良さそうな業界を選ぶ事が、「30代職歴無しのニート」がすべきことです。

とりあえず出来そうなアルバイトから社会復帰しよう…という甘い選択をしてはいけません。人を作るのは周囲の環境であると申し上げたように、あなたの向かうべきところは職業訓練校かハローワークなのです。

その他にも、就職・転職の相談を無料で引き受けてくれる、エージェントサービスなどもあります。下に信頼できるエージェントサービスを紹介しておきますので、よければ参考にしてください。登録も相談も最後まで無料です。

集めるべき情報を集めて戦略を持って行動すれば、「30代でニート」という社会的ハンディキャップの壁を乗り越えることができます。時には第三者の協力を得て情報収集をしながら、しっかりと準備をして社会復帰への道を歩んでいきましょう。

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

求人情報集め・転職活動を有利に進めるために 転職エージェントを活用しよう

転職活動を行う際には、転職エージェント(仲介・代理人)をうまく活用して、効率的に進めるのが良いと思います。

誰でも無料で利用できる転職エージェントは、あなたの希望に合致した、優良な求人案件を探してきて紹介してくれる、転職マッチングサービスです。

転職エージェントは、求職者が転職に成功した時に、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているので、転職希望者のサービスの利用は完全無料になっています。

効果的なアドバイスが転職専門のプロフェッショナルから聞けるので、転職活動をスムーズに進めることができ、転職失敗の確率を大幅に下げることが可能になります。

そして、会社の内部の事情を精査している転職エージェントは、離職率が高すぎるブラック企業や、長時間労働で激務な企業などの情報を、事前に提供してくれます。

そのため、最初から「給与・ボーナスはこれぐらいの水準で」「月の残業は40時間までの会社を希望」などを伝えておけば、その希望にあった求人案件を探して紹介してくれます。

効果的な面接ノウハウや、間違えてはいけない必要書類の記載の仕方などもしっかりと教えてくれて、親身になってサポートをしてくれます。

右も左もわからず、自力で転職活動を行うよりも、ずっと効率的に転職することが可能です。

転職活動で痛い失敗をして時間を無駄にしないためにも、プロフェッショナルの転職エージェントを利用するのが、最もベストな方法です。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする