総務(庶務)は特別なスキルも国家資格もいらない仕事。誰でもできる仕事は、使えない人材の掃き捨て場なのか? | 大人の転職応援団

総務(庶務)は特別なスキルも国家資格もいらない仕事。誰でもできる仕事は、使えない人材の掃き捨て場なのか?

総務(庶務)は特別なスキルも国家資格もいらない仕事。誰でもできる仕事は、使えない人材の掃き捨て場なのか?

会社において、いわゆる「花形」と称される部署はどこか?一般的には、会社のフロント(顔)に位置している広報部や営業部などではないでしょうか。

では、会社を内部で支えている総務(庶務)に対しては、一般的にどんな評価がされているのか?

おそらく世間の大半は、会社の裏方班や社内調整係、女性の腰掛け部署、などのような、決して花形とは言えない地味な印象、そんなイメージを持っているのではないでしょうか。

実際、総務部の仕事は社内調整的なものが多く、備品の注文や補充、営業マンの宿泊先の予約、社内イベントの担当など、基本的には裏方仕事であり、会社内の雑務を受け持っていることが多いようです。

それが要因なのか、総務部の仕事は女がやる仕事、どこの部署でも使いどころがない人材の「最後の流刑地」「吐き捨て場」などと揶揄される事も少なからずあります。

スポンサーリンク

実際、ある企業では「人材の墓場」と称される窓際の部署は存在する

総務の仕事は、いわば特別なスキルや国家資格が無くてもできる仕事なので、取引先の企業やお客様に迷惑をかける事もない、ほぼ社内専用である総務が、この役割を受け持っている事があります。

キャリアアップのルートから横道にずれた部署であり、結婚適齢期を迎えた女性社員たちは次々と寿退社していき、残留するのは使いどころのない男性社員と、寿退社に失敗したお局様(行き遅れ)ぐらいです。

「現状には満足していないけど、いまさら他の会社も雇ってくれないだろうしなぁ…」

と、諦めにも似た口調でつぶやくのは50代の男性である総務課のYさん。

Yさんは、ずっと営業マン一筋で頑張ってきたが、心労が重なって鬱病を発症してしまい、営業部からの人事異動を命じられる。事務職など、あらゆる部署をたらい回しにされた挙げ句、最終的に流れ着いたのが総務でした。

営業マンだった頃、朝は始発、夜は終電まで、がむしゃらに働いていた生活から180度転換。勤務終了時間である「定時の6時」に毎日帰宅できるようになりました。

キャリアアップのルートから横道にズレてしまったので、年収はソコソコになってしまいましたが、ある一部の若手の社員達からは、羨ましいと思われているようです。

「給料はそれなりでもいいので、僕も定時の6時に帰宅したいです。」

「男でも総務に入ることが出来るなら入りたいです。」

そのような事を言ってくる若手の社員は結構多いようです。

Yさんは、そんな若手達にこう答える。

「キャリアの最初から総務部に入ることを希望する男性の社員はいないよ。」

「男性社員のケースで言うと、色々な部署を経験して、様々なルートを経て、最終的に総務に行き着く人がほとんど。女性の場合も最近は、キャリアのスタートが総務というのは少ないんじゃないかな。」

そして Y さんは、未来のある若手社員達に、男性が総務に入ってしまう事のリスクを教えてあげたという。

「一度、総務に入って浸かってしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなってしまうよ。特別なスキルが必要なわけでも、国家資格が必要なわけでもないし、若い年代で総務に入ると、会社の業績が芳しくない時、一番最初に首切りに合うし、そこからの再就職も厳しいよ。」

Y さんのような、定年を迎えるまであと数年で、会社員のキャリアの最終コーナーを回っている場合は、男性の総務というポジションでも居心地は悪くないらしい。だが、未来の可能性がある若手社員が総務に入って、楽な仕事の味を覚えてしまうと、後々、自分の首を絞める事になるという。

もっとも、勤務している会社が大企業であったり、世間的にお堅いイメージを持たれている会社などの場合、即、首を切られる事はないでしょう。

公務員のような強いポジションで、公共的な仕事を請け負っているインフラ関係の会社などであれば、総務という「おいしいポジション」をガッチリ確保し、ゴールまで逃げ切るというのも、ある意味で賢い作戦なのかもしれません。

営業マンなど、会社の最前線で戦っている人達は、給料などの見返りは良いものの非常に過酷です。実際、 Y さんも心労とストレスによる体調不良で鬱病を患い、一時期、辛かった時がありました。

穿った見方をすると、熾烈な競争が繰り広げられている「最前線の戦場」を徹底的に回避し、生き残る事を最優先事項に据えるのも、現代、資本主義社会の新しい作戦なのかもしれません。

サラリーマン社会やビジネスは経済の戦争です。結果や実績を出した人だけが勝者ではなく、あらゆる手段を使って最後まで生き残った人も、勝者と呼ばれるのです。

現代日本の経済戦争の中で、自分の能力や特性に合致した生き残り戦略を見つけ、それを実行していく事が、今の日本のサラリーマンに必要な事なのかもしれません。

もし、今の職場からの転職を希望し、新しい未来の仕事を見つけたいのであれば、プロの転職エージェントに相談してみるのも良いと思います。おすすめの転職支援サービス(無料)を下に記しておきますので、良ければ参考にしてください。

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

転職に不安がある人は転職エージェントに相談するのがオススメ

あなたの過去の職務経歴や、性格の特性にマッチした会社はどこなのか?というのは、自分では見つけにくいと思います。

企業理念や、会社の文化・雰囲気など、それぞれの特徴があるため、いざ転職しても、イメージしていた理想の職場とは違うな、と感じる事もあります。

転職エージェントを活用することで、無駄な時間を省きながら、自分の希望に合った職場を探すことが出来ます。

相談・面接~内定・入社までの間、完全無料でバックアップしてくれます。

(なぜなら、転職エージェントは、求職者が転職できた時、転職先の企業から人材紹介手数料を受け取っているからです)

そうであるなら、活用しないのはもったいないですよね。

転職エージェントは、求人募集をしている会社の、企業文化や会社内部の雰囲気・特徴、そしてリアルな労働環境をしっかりと把握しています。

例えば、下記のような事がわかります。

・求人企業の文化や組織の雰囲気
・欲しい人材の採用基準
・書類選考の通過率
・面接の難易度・通過率
・求人企業の成長性・業界の動向
・労働環境(残業時間・育児休業取得実績)
・入社後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)

特に、転職組の中でも、全くの別の業種から転職する場合、転職後のキャリアパス(昇進・出世へのルート)の作り方はとても大事です。

「転職したいけど、どんな仕事が自分に一番マッチしているのか分からないな…」という人は、転職エージェントに相談してみることをオススメします。

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

オススメできるプロの転職エージェントは「DODA」です

「DODA」は全国各地に拠点を置いている転職者満足度NO.1の転職エージェントの大手で、業界最大級の求人数を誇っています。

全国100,000件以上の求人数ー日本最大級)

しかも、豊富な非公開求人を扱っていて、待遇・福利厚生・年収などが好条件な、優良企業の求人案件が取り揃えられているので、転職成功の可能性を更に高めます。

(全国100,000件以上の求人のうち、80~90%の約80,000件以上が一般非公開求人

したがって、好待遇の優良求人案件を見つけ出すのに、最高の条件を有した転職エージェントなのです。

企業業績に安定感のある会社や、大企業との繋がりのある関連会社など、好待遇の優良求人案件が豊富に取り揃えられています。

また、重要書類の作成アドバイスから、実際の面接での質疑応答の効果的なやり方まで、プロの転職エージェントが、強力サポートの二人三脚体制でしっかりとやってくれます。

そして、登録されている会社の求人情報は当然、前もって転職エージェントが精査を行っているので、労働環境が劣悪で、離職率が異常に高い不良企業、俗に言うブラック企業のダメ求人に当ってしまうリスクもありません。

転職・就職活動は一人で全てをうまくやるにはあまりに大変で、不安感におそわれる事も多く、何も知らなければ、どのような順序で行えば良いのかさえ分からないものです。

無料で利用できる転職エージェントに登録さえしておけば、経験豊富で親身になってくれるプロの転職エージェントに、様々な質問や悩み相談がいつでも出来るので、精神的なプレッシャーもかなり減ると思います。

そして、非公開求人の中には、求人案件が豊富に掲載されているので、転職エージェントの「DODA」を有効活用することで、思いがけない優良求人案件を見つけることもありますよ。

>>DODA 公式サイトを見てみる

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

DODAの登録は1分でカンタン 無料ユーザー登録

「DODA」にユーザー登録する場合、公式ホームページから

⇒『エージェントサービスに申し込む(無料)』のボタンを押して、必要項目を入力していきます。

(名前・生年月日・性別・住所・電話番号など)

その後、その下の項目に、学歴・現在の勤務状況・また、直近の職務経歴があるので入力していきます。

直近の職務経歴欄の「雇用形態」などは正社員だけではなく、アルバイトや派遣社員・契約社員・FCオーナーなど、いろいろな選択項目があります。(記入は必須項目ではなく任意項目)

現在の職務の、業種・職種・年収の選択欄は、ある程度の大枠での分類で大丈夫です。

(例えば、小売⇨百貨店⇨販売・サービス職などを選択するだけです)

「DODA」ユーザー登録

最終の項目である、希望条件『自由記入欄』には、連絡が可能な日時や曜日・時間帯などの情報を記入しておくといいでしょう。

エージェントサービス登録後、転職エージェントの担当の方から、電話かメールで連絡をもらえるので、それから無料面談の日時を合わせて、プロの転職サポートを受けることが出来ます。

もちろん、転職エージェントの登録とサービスは無料ですよ。

t014 DODA 公式サイトを見てみる

転職のプロフェッショナルである、エージェントサービスに無料登録すれば、親身になって話を聞いてもらえるので、ぜひ一度、サービスを受けて、応募が可能な優良求人を紹介してもらいましょう。

自分が転職可能な優良求人をたくさん紹介してもらって、転職が成功すれば、あなたの仕事と未来の可能性は大きく広がりますよ。

tensyoku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った会社で働ける人を、一人でも増やすためにシェアする